またまたプチ源流釣行に行ってきた

先週と同じ川。
胎内市でのプチ源流釣行。
いや大きめの毛針をたくさん携えて文字通りの
ビッグフライ ビッグフィッシュ狙いだ。

今日も40分間の杣道歩き。
5時起きだった。のんびり行こう。って思うんだけどなかなかできない。

写真で見るとそんなにでかくないな。このフライ。

イワナがよく反応した。

このポイントでシティミュレイター投げたら反応あり、
黒パラシュートは見に来ただけ。
煙草を吹かして時間をおいてライツロイヤル投げたら食った!
ラインが水面にぶっ刺さる!

と理想的な展開はここまで。
毛針が魚からはずれて、キャスティング時よりも速いスピードで
上空の木の枝に引っかかった。

かなり大きいイワナだったようだ。
これが今日のクライマックスだったのだな。


ヤマメはこの一匹のみ。しかもスレがかり。

発泡シートを巻き込んだよく浮くだけの黒毛針。




おっと、ちょっといいサイズ。

先週より上流へ足を伸ばした。
気合いと体力さえあれば誰でもつれるだろう。

イワナは22匹。バラシも多かったな。

雷鳴が轟きどこかに落ちた。
このプールで引き返す。


半分水中写真にトライしてみたが難しかった。


ああ、ヤマメはどこに…。
この川の最奥のダムの上(つまり今回釣りした区間)はヤマメの放流やめちゃったのではないか。
この2、3年でずいぶんヤマメが減ってる気がするのだ。
それが本来の姿だとしても10年通った釣り場のこういう変化は
さみしすぎる…。
気のせいであってほしい。


関連記事