【釣り】人気が少なくて魚影の濃い川で秋のライズハンティング

昨日の疲れもあってか、今日も出遅れました。
こうなったらいつもいかないところに行こうと決めて、新規開拓です。


何カ所か流してみるもののさっぱり。
生き物がいる感じがしませんね。
ってことで


よく知った川へと移動。
当たれば数釣りできるかな。
とりあえずボーズ回避。

たまにライズしますが、スレてます。


スレチビヤマメを#16のマシュマロピューパで。


ひるめしのチリトマトヌードル。次はふつうのかカレーにしようかな。

CDCスペントカディスをがっぷり。

大きそうですが

今日も8寸。この川のヤマメはかなり錆びてますね。

ツツトビケラのケースかな。

この写真は…ネットインの直後バレて逃亡の図。いいヤマメでした。

すぐさま釣り返す!この辺から堰堤下ライズハンティング。



イワイスーパーカディス。浮力の高いこのフライは、複雑によれた太くて早い流れによく対応しますね。

このくらいのがぽんぽん出ます。

CDCスペントカディス。頼もしい。今日は小型のメイフライ、#18番くらいのシナモンカディスは確認しましたがメイフライへの反応は薄く、カディスによく反応しました。

乾かしては釣り…。

苦戦して取ったライズの主。イワナくん、キミだったんだね。

この時間帯、堰堤下はがぼがぼとライズラッシュ。

きますきます!このあと合わせ切れで納竿。
久々に燃えたイブニングでした。とりあえず13匹。9寸くらいのもいそうです。

道を間違えていばらまじりのツタのなかを藪漕ぎでよろよろと車に戻りました。
ウェーダーに絶対穴空いてますよ。これは。

ちなみに今日は4回ほど転んでパンツまで濡らしてしまいました。
底石がごろごろぬるぬるしてる川だったんですよ。




関連記事