【釣り】人気のない川をまたまた攻める 尺は出るのか?

前はけっこう釣り人を見かけたものですがいまは少なくなったこの川
前回の釣行で9寸くらいのも複数ストックされているのを確認。ティペット切れてしまったけど連続ででかいのかけましたから!
 
今回は遠方から来ていた釣り人はいたものの、 僕の攻めた区間は素通りしたもよう。
よしよし。


毛虫のかゆさもかなり改善。いいコンディションで臨めました。

プードルアント、さっそく効きました。



もっとも前々回に比べると活性は低いような。
それでも一応つ抜けはしたのですが。


小物がぽつぽつ釣れてきました。

すると 
なかなかのサイズ!

きちっと撮影する前に!逃亡!

8寸以上9寸以下。あらら〜!
今回は9寸以上が目標です。しかし前々回に比べるとフライへの反応はよくないですね。
フライもかなり細かくローテしたのですけど、どれも飛び抜けた反応もなくぽつぽつ。

さびさびの大人顔。

チビもさびさび。

また逃げられた。

セルフィー。

 コスモス。


エノコログサ。

ひかえめなイワナ

この川のヤマメは総じて錆びるのが早い。小さいのもしっかり錆びる。


これもなかなかなサイズ。

しかしイブニングの盛り上がりも前々回におよばず…残念。
堰堤でライズした大きな三角の頭をちらっとみたような…
いますね、しっかりと。この川この区間に。

また来年こよう。



振り返るともっと数多くのフライを試せたな…など反省点も多数あり。
課題の多い釣行となった次第。



関連記事