釣れない釣り

石川川に行ってきた。
魚影が薄い。年々薄くなっている気がする。
ヤマメバラした。ツレにイワナが釣れた。

川からあがったら瀬波から来たというおじさんがいた。
おじさんは熱く語った。

・魚少ないだろ。ぜんぜん放流してないんだよ。
・この砂防堰堤がだめなんだ。海岸に土砂が供給されないせいで
年々砂浜がなくなっていく。
・林道のゲートなんて開けとけばいいのにな。
・営林署の人は不法投棄を気にしているんだってな。

至極もっともなことを言う方だ。

実際10年前と比べてよくなった川ってあるだろうか。
釣り人は目にみえて減っているが放流量も少なくなってはいないだろうか。
(収入の大部分が漁協員の飲み代に変わっていると言う人もいるが…)
逆に漁協は釣れる川を作れば人をたくさん呼べるはずだ。
新潟のように共通年券だと難しいか。

スズメバチがバトル中だった。

水害のダメージが気になってきてみた仙見川。
浅くなっていたしライズもポッツポツ。

終わってみればボーズだった。

焼きなすに適した「焼きなす」の緑バージョン。
種が大きいかな?ってくらいであとはまあ普通の焼きなすだった。

週末が今シーズンラスト釣行になりそうだ。どこに行こうか。


関連記事