またまた山北の川に行ってきた。

ロッドを竿おろしした川にまた行ってきた。
魚影は薄いが渓相がいいもんで。

イワナが出てきた。

ずいぶん分かりやすいポイントだった。

あれ?もう少し大きいと思ったのに?

先日9寸ヤマメが出たところから。

この辺りの渓相がおきにいり。

ピントがずれたがヤマメも出た。

うっすら婚姻色がでてきている。秋ヤマメだね。

ここもあからさまなポイントだ。
少し粘ったかいがあった。


支流との合流点。さらに本流筋を探ってみたが
さらに魚影は薄かった。
この辺り年中釣り人が入っているようだな。
結局イワナ4のヤマメ1。

ちなみに、今日の魚はあまり引かなかったなあ。
残暑のせい?

杉に「イ」マーク。なんだこれは。

中流部に移動。春先に実績があるポイント(数年前)。

ハヤが群れなしていた。
かつては向かって右の木の枝の張り出しがもっと小さくて
その下でライズがよく見られたんだけどな。

庄内小国川に移動。水量も減っていて、ライズ待ちのポイントは見込みなさそうだ。
ってことで納竿。
ずっと下流に行ったらバンブー振るフライマンがいた。
この辺りにはまだニジマスがいるのだろうか(たぶんいないような…)。

関係ないけどコカマキリって渋くてかっこいいよね。最近気づいたけど。
ってことでシーズンあとわずか。数よりいい型の魚を釣りたいね。

関連記事