【買い物】買った炊飯器はパナソニックのおどり炊き

一人暮らしのころから、妻も私も鍋炊飯。
全く困ることもなくやってきましたが、いろいろ生活習慣の変化から購入することになりました。

前より早起きする必要があるため、予約機能が欲しかったんです。
もうちょっと寝たくて。

じゃん。パナソニックのおどり炊き。可変圧力IHのタイプ。

炊き上がるときに一気に減圧して釜の中をものすごい沸騰状態にすることで米が踊りまくる。この技術はもともと三洋電機のもの。
炊飯器分野ではかなり後発で赤字連発だったところでやけくそ気味に持てる技術を惜しみなく投入したのがこのおどり炊き(だったと思いますw)。

広告宣伝費もほとんどないままじわじわと口コミで広がり、他社もこの技術を採用した製品を投入。逆におどり炊きが注目を浴びたとか。






三洋電機のこの技術はそのままパナソニックに吸収され今にいたります。
パナソニックのハイエンド製品は、もともとのパナの技術である熱々のスチームを炊き上がったご飯にぶっかけてツヤツヤにする機能が付いています。

かなり美味しくなるようですが、今回はそこまで投資できませんでした…!

開封の儀。

しゃもじが付いていました。

計量カップも。

しゃもじはとっての付け根に設置可能。

可変圧力IH おどり炊き。

そういやうちはオーブンレンジもパナソニックだったっけ。


おやおや冷蔵庫もパナソニックでしたよ。
それほどパナが好きってわけでもないんですけどこのへんは消去法で選ばれたってところもあるかな。他のメーカーの製品に買う理由が全く見つからなかったっていうか。

今回の炊飯器購入は積極的理由でしたけれども。

いろいろ試してみてますが、やっぱり楽チンですね。洗うのも楽だし。
味の方はおこげもできる鍋の方がいいかな。ただ炊飯器の方が仕上がりは安定してるし失敗のリスクもぐっと減りましたかね。



関連記事