【釣り】新潟の渓もいよいよ盛期に。ライズハンティング

土曜に行った川、入渓点より下流も気になったわけで
昼前から入ってみた。

すると田んぼのわきの流れ(よくある渓相だなー)で
いきなりライズ発見。

2個体いるようだ。
一度フライを見切られて、フライを交換したらバタバタと釣れてきた。

手が写ると魚が大きく見えないかな。イワナ。



どこにでもあるような渓相。
梅雨前までの流れかな。

CDCダン。

ヤマメも同じポイントから出た。ぷりぷりだ。

深みのあるポイントは引きが堪能できてうれしい。
いやー、久々だなこういうの。

ポンポンと出てきた。
取れたライズもあったし取れないのもあった。
ブラインドでたたいても出た。


ケースドカディスがちらほら。
まだまだ楽しめそうだ。

オオクママダラカゲロウのダンかな。DDの状態で浮いてた。

朝方出たのかな。小さい黒カディス。

ぽんぽんと。


元気なヤマメ。
気持ちがいいね。


ざわついた流れからはアダムスパラでも出た。

のどかな雰囲気。

これワラビかな?ワラビだよね。

頭かくして…のヘビのしっぽ。

この辺りはいよいよ盛期を迎えたんだな。





※追記 最初のヤマメ、ネットインしたら縮んだんではないか。8寸あるかないかってくらいに見える。かけたときはもうちょっと大きかったはずなのだが…(苦笑


関連記事