ウエットとニンフとストライクディテクター

しばらくニンフの釣りも一生懸命してなかったし、
たまにやっても鮎目印とかだったので分からなかったのだが
ストライクディテクターが進化してた。
いつの間に。浦島太郎か。

一昨年くらいにテープ状になったときはすぐ飛びついたが
ショップに品物の入荷が遅く欠品気味だったのでいつしか買わなくなっていた。
ただ蛍光の赤と黄色のシマシマは割と気に入っていた。


新しいストライクディテクターは2種類。どちらもシート1枚売りになって
買いやすくなった。もちろん表面の粉がはがれたりすることはなくなっている。
右がシート状になってるタイプ、左は分厚くて二つ折りにするタイプ。
赤とピンクがあった。

こないだの釣りで鮎目印使ってみたが、フライと一緒に
落ち込みの白泡に巻かれて沈んでしまいうまく機能しなかったし。

この祝日まじりの連休で試してみたいな。

関連記事