県北にニンフの釣りをして来たが… &トラウトストーカーレビュー

新しいフライライン、トラウトストーカーを買ってリールにセットしてみた。
あ、間違えて今まで3番ラインをつけてたリールだよこりゃ。
ハードアロックスの1.0。

ウェイトフォワードだと入るもんだな。

先のほうが色が濃い。そしてざらざらとテクスチャーが入っている。
とりあえず、先っぽの輪っかは切断しないでおこうかな。

ゴルフボールのでこぼこのような感じ。
シャークスキンとはちょっと違う。

三面川付近は濃霧。っていうか荒川、胎内川、加治川流域も同じような感じ。
運転注意です。

県北のG川。流れが重い。

若干雪シロ濁りかな。

春を告げる虫、オナシカワゲラ類。沢山でてました。

意外と深い。そして重い。
一本の杭となるのも一苦労。っていうかかなり危ない!
ニンフをどぼんどぼん投げ入れてみたが反応無し。

こっちも腰上。

新発田のJ川へ。

深いよ!そして魚の反応無し…
ニンフが投げやすかったのはロッドのおかげなのか(それはあるでしょう)
ラインのおかげなのか(それもありそう)。


ほぼニンフ専用ロッド。スコットG2の4番 8フィート6インチ。
独身時代にすすめられて即買いした。
今なら買えないよ…

ってことでボーズマン。
県北の田んぼの畦で採ったフキノトウを天ぷらにして食った。
濃厚な苦み。早春の味。堪能しました。
いつもより2週間は季節の移ろいが遅いという。
それ去年も一昨年も聞いたような。

さらに遅いのかな。
新潟の春は、今年も遠い。

ところでトラウトストーカーって言う今年発売の新ライン、
なかなかよさげだったです。



関連記事