早春の月光川釣行行ってきた

去年の月光川はとても状況がよかった。あとこちらも。
林道の雪は今年よりも多かったが
カワゲラのハッチがたくさんあり、ヤマメもたくさん釣れた。

鳥海山の雪解け水による湧水の川なので
増水によるにごりがでにくいようだし、水温も安定している。
この時期の日本海側でミッジング(ユスリカの羽化にともなう釣りのこと)が
できる数少ない川。

川に着いた。
風が強く、冷たい。鳥海山はみえない。

先行する妻。歩きにくい。

川より低いところにある?ため池マガモがかなりの数。
青首、食べたい。

温かいお茶がありがたかった。


ライズも無いしフライに何の反応もなかった。

月光川はいばらが多い。

ビーズヘッドをリードフライにしてミッジラーバ(ユスリカの幼虫)フライをつけた。
追い風だったのでフライが投げやすかったのでひたすら投げ続けたが
何の反応もなかった。


強風は体温とやる気を奪っていった。
こんなに悪い状況の月光川も珍しいかな。

で、山居倉庫をながめて

でおしん人形を見たあとホテルにチェックイン。



関連記事