OLYMPUS TG-2  PENTAX WG-3を比較してみた

カメラが欲しくて気になってるカメラを集めた記事を書いたが
その続き。
気になるので調べてみた。
買うとか買わないとかではなく。




 
この二つのデジカメのレンズ構成をみるとスペックがまったく一緒


7群9枚(非球面レンズ4枚使用)4.5~18mm(35ミリ判換算 約25~100mm)、
F2.0(W)~F4.9(T)、光学4倍

つまりレンズユニットは同じところで作っているんだな。
あるいはどっちかが作って供給していると。





映像素子の大きさは同じだが画素数が

  • TG-2 1200万画素
  • WG-3 1600万画素

と違う。


それからボディの重さはだいたい一緒。




大きく異なる点として…


撮影枚数はTG-2が多い。

  • TG-2 約350枚。
  • WG-3 約240枚
画素数の差が出たのかな。


マクロ性能はどちらも1cmのスーパーマクロがあるのだけど
WG-3はレンズのまわりに6つのLED補助光があるのが面白い。
マクロ重視なら文句なくペンタックスだ。
あとこちらにはサブ液晶があって、現在の時刻やら気圧やらが表示される。



耐衝撃、防水、耐低温などは大体同じと見ていいレベル。
TG-2とWG-3のGPS付きモデルには電子コンパスがついてる。

まあこれくらいの差だったら見た目重視でもいいのかも。
撮影枚数はちょっと気になるけど、一日で100枚もめったに撮らないしな。


そんな感じ。
個人的には耐衝撃とか耐低温はそれほど重視しない。
防滴くらいにしてよいのでもっと軽く、
そして屈曲光学系でなくてもいいので
大きくて明るいレンズともっと大きい映像素子積んで
画質にこだわった外カメラが欲しい。

そうなるとOM-D EM5とかになっちゃうわけか。

   
現時点ではなかなかいい感じに仕上がってると思うけどもね。


関連記事