【釣り】シムスのウェーダーの完全なる穴埋め

直しても直してもなお漏れてくる私のウェーダー。
北の魔女とかの呪いがかけられているのでしょうか。今夜、検証します。

 


こぽぽ。凄い穴の数。

春と秋によく行く川があるんですけど、川に向かうには茨の道を進んでいかねばならないんですよ。
もう道なんで不明確。イバラをかき分けて行くわけで、穴のほとんどはこれで空いてしまったのだと思われます。ゴアテックスの5レイヤーも歯が立たないイバラの棘凄まじい。

これが私のシムス G3ウェーダー。

穴だらけ。黒いマジックは去年の中ごろまでのチェックあと。
2016年後半から現在まで青いマジック。

マジックとは日本で言うところの油性ペンのことです念のため。

最近の補修はぜんぶセメダイン スーパーXです。

パーツクリーナーで探すとすぐさま穴あき個所が見つかります。
そうやって対応してきたのですが




見つけ次第埋めまくってきたのですが、まだ明確な穴が空いており、しっかりと水漏れしている様子。膝から足首までにかけてじっとりです。

この修繕跡はアクアシールによるものですね。
今回は風呂場で水入れて直接目視で水滴の漏れてくる様子を確認します。
すみません、ここ写真撮ってませんでした。


水漏れ箇所の把握

ここは盲点でした。ネオプレンとゴアテックスの継ぎ目から。
呪いじゃなくって見逃してたんですね。

5箇所から漏れ。


じっとりと塗り込んで8時間ほど乾燥。




セメダインが下に流れておりますが問題なし。
しっかりシールできたんじゃないかな。

湿度が高かったからか、まだしっとりしている様子。明日には完全位乾燥しているでしょうかね。



関連記事