大役内川とタックルの消失

朝の5時半に起こされて川のクリーンナップ作戦に駆り出された。
そうだ、俺なにげに漁協員だった。スミマセン。
















川から拾ったビニールに川虫がたくさん。ヒゲナガのラーバを3つくらい見かけた。
まだラーバ? 新潟もそうだったが雪しろあけるのが以上に遅かった、
その影響なのだろうか。少しおかしいと皆が言う。


大役内川は先行者がいたがかまわず入渓。それでも魚の反応はぽつぽつあった。















このヤマメを撮影するのにロッドを岸において5メートルほど移動した。
撮影してもどったところタックル一式が消え失せていた。

狐に化かされたのか。小一時間探しても下流に下りまた登ってきても
見つかることは無かった。

流されたのかと人は言うが…。


予備のタックルで少し釣り上がってぽつぽつ釣った。
とっておきのポイントはライズはあるものの
フライをつつくのみだった。

関連記事