【新潟県下越の釣り】海府の渓流に行ってきた

GW後半の初日、弱雨ながら雨粒が大きい天気の中釣りしてきた。
場所は海府、村上市の笹川流れの渓流郡の一つの某河川。

ここらは流程の短い単独河川がいくつかある。
たしか漁協の管轄外で放流なども行われていないんだったよな。

危ういながらもなんとかヤマメは血脈を保っている。
そうそう、陸封ヤマメがもともとのネイティブヤマメのようだ。
いくつかの川ではイワナの無差別源頭放流が行われ
かなりはびこっている…。
下流部はこんな感じ。

小堰堤が連続する。

堰堤上にはなかなかなサイズの魚影が走るのがみえた。


小さいけどきれいなヤマメだ。

ここから出てきた。



また釣れた。



すんなり毛針をくわえてくれた。
あまりスレていない印象。

ちなみにこの日は雨ながらもグレーのカワゲラとミドリカワゲラ類が
パタパタ飛んでいるのがみえた。

雨具を着ていたのだけども袖がぐっしょり。
裏地がもうだめになっているようだな。
背中と袖の部分、かなり裏地の剥離がすすんでいる。
真剣に雨具選びをしなくてはいけないな。

堰堤・護岸ゾーンを超えていく。

崖崩れて土砂崩れダムができてた。

雨脚は変わらない。釣りが雑になったのか降水による影響なのか
魚の出が悪くなってきた。
寒くなってきたしそろそろ撤退だ。

結局ぽつりぽつりとしか釣れなかった。
ただ8寸くらいの個体もいることが分かったのは収穫だった。
ウルイ(オオバギボウシ)だ。新芽は3月なのかな?



関連記事