【釣り】今年初の源流釣行不発

それほど早起きしたわけではなかったが
林道の水たまりにはタイヤのあとがなかったので安心してたら
車が一台。

うーん、山泊まりかな。だったらそこそこ楽しめるだろうかと
杣道をせっせとのぼって行った。


水、少ないね。
そして石のヌル、多いね。


金の緑茶もなかなかだが、ソルティライチ、果汁増量ってことで、いいね!

しっかし出が悪い。
この時期で魚の反応がこんなに薄いってこの川では初めてかも。
おまけに石のコケがひどい。
ケツを強打したあと前のめりで2度転んだ。

ようやく釣れた。

バッタ、ジバチ?、カディス、あと黒い極小テレストリアルなど。へー。


あらら、まだこんな水温。
先行者の同行者に遭遇。4時ころ入渓したようだ。あらら。
低水温、渇水気味、先行者あり、低活性。ううむ。

ここで川を下って別のポイントへ。

この腹すごいね。なに食ってんの。
このあと7寸くらいのヤマメ?を2匹バラシ。


うーん、ってことで大胆にポイントを移動。
増水した川の堰堤下にニンフ。
ビーズヘッドにトレーリングしたクロスオーストリッチに
親指サイズのヤマメちゃん。

ピンぼけだけど。
初クロスオーストリッチなのが唯一の収穫。あ〜あ。

関連記事