ウエーディングシューズビブラムソール張り替えと釣り雨具考

シムスのウエーディングシューズ ヘッドウォーターブーツのビブラムソール
2年も使ってかなりすり減ってきたので釣具屋にソールの張り替えに出してきた。

こっちの川は春先ヌルが多いのでもっぱらフエルトソールを使っている
(こちらもヘッドウォーターブーツ、フエルト版)が
5月過ぎ辺りからはずっとビブラム。

それほどグリップに遜色ないと思うし
歩きが多い場合は迷わずビブラムを使用していた。
フエルトのように水を吸わないので軽くてすむしね。


まあこんなもんだろうか。ソール以外にはたいした損傷はなかった。
かなり気に入っています。

そういえば愛用の雨具(パタゴニアのディープウェーディングジャケット)の裏地が
ボロボロ剥離してきているのでそろそろ次の雨具のことも考えないとなと
あれこれチェックしてきた。

釣具屋には新作雨具含めいろいろあった。
防寒無しの釣り用レインウェアとしては高価な部類であろうか。
36750円。
円高の恩恵まるで無いのではないか。

襟と一体型のフード、袖口は薄手のウエットスーツ的なくにゃくにゃ素材。
ポケットは縦型。着た感じスリムフィットといえるかな。
ベストの下に着たいので好みに合っている。

ゴアテックスにしてほしいんだよな。

裏地はこんな。肌に直接触れると結露してひんやりしそうだ。

対してこちらはシムスの新作雨具 ヘッドウォーターゴアテックスジャケット。
27300円となってる。ゴアテックスでこの値段は妥当かな。

袖口はあまり工夫が無い感じ。ポケットはフラップ型。
着ると割とゆったりしていてベストの上から着用するのを想定しているのかな。



ゴアテックスのロゴが誇らしげ。

裏地は袖以外?に起毛素材が使われている。
結露対策かもしれないが暑いシーズンはどうなんだろう。

ってことでもう少し考えてみることにした。
使用目的からしてパタゴニアの方が好みなんだけど価格がなあ…。
アメリカ価格は249ドルなんだよ。なんなんだこれは。

関連記事