ひっぱりうどんを食べた

ひっぱりうどんは、山形県内陸部の郷土料理。
山形県内陸部、特に村山地方におけるうどんの食べ方の一つ[1]。茹で上がったうどん(主に乾麺を用いる)を釜や鍋からすくい上げて、そのまま納豆やサバ缶などで作ったたれで食べる(かける・つける・絡める)スタイルのうどんである。(wikiより)


ひきわり納豆、サバ缶、卵にめんつゆ。

大葉にミョウガ、ネギ、大根おろし。

まぜまくる。うまい。
うどんは讃岐より稲庭みたいな細めがよいようだ。

味が強いのでたくさん食べると飽きがくるのだが
サバ缶を使ってこんなにおいしいものができるとは。
山形の村山地方、おそるべしである。


関連記事