鮭の生ハムほか村上の残りの写真

大洋盛さんで撮った写真、使ってないのがあったのでアップ。

米の貯蔵スペースを一般の人のために開放した和み蔵。

巨大な瓶とか

酒器がおいてあったりした。

しぼり立ての酒をいただいた。

さあ、実際に蔵見学へ。



この大きな機械は米を蒸すマシーン。

掛米を蒸しているところ。

50%くらい磨いてある。わりと水分少なめだっけどおいしくいただけました。

窓からはお城山がみえた。頂上には村上城趾の石垣が残っているという。



越淡麗、五百万石、たかね錦というこちらで使用している
酒米の説明を受けた。



海に面した温泉地、瀬波温泉もすぐそこ。

干している鮭はうりものですか。
こっちのは腹を潔く割いているな。




きっ川さんで買った土産のうちの一つ鮭の生ハム。(もう一つは鮭の酒浸し)

珍しく洋風の晩酌だった。
鮭の生ハムは普通の生ハムに比べると少し厚くて柔らかく、うまかった。
鮭加工品のなかではけっこう好きな方かも。
食べるのに夢中であんまり撮れませんでした(汗


関連記事