せんべい汁ってのを食べてみた

せんべい汁は南部地方を中心に食べられる郷土料理。
クロワッサンの店で購入した。


南部地方ってどこよ?と調べてみたら
青森県南部、岩手県北・中部などを指す地域名。方位ではなく領主の南部氏に由来し、旧南部藩などを含む地域を指す
ああ、納得!
なんとなく岩手の南の方だと思ってたけど全然違った(スミマセン)!


パッケージ。南部地方特産名物郷土料理とある。
岩手のスローフード発掘味ってコピーが紛らわしいと思う。

スープのもとと固くて味の薄いせんべいが入っていた。
スープは鶏エキス、魚醤などが入っており旨味が多い。
わりと分かりやすい旨味。

そうだな、きりたんぽ鍋あたりと似てるかな。

ニンジン、ごぼうを煮て柔らかくなったら
鶏肉、糸こんにゃく、スープのもとを入れてさらに煮る。
それからせんべいを割って投入する。

ネギを散らしたら…

はい!もうできた!せんべい汁!

うまいです。これはもっとメジャーになるべき!
すき焼き風の汁でもいけるとも書いてあった。

せんべいは汁に溶けずに残っている。
もちっぽいけどやはり汁を吸った固いせんべい。
米ベースの焼いたブツを入れる汁ってことでやはりきりたんぽ鍋に
通じるものはあるかな。





関連記事