ストウブで燻製作ってみた

フランスの鋳物の鍋といったらルクルーゼとストウブ。
家庭的なルクルーゼと
男っぽくて、何となくプロっぽいストウブ。

内側が白いルクルーゼはジャムなど色を見ながら煮るのにいいと思う。
ルクルーゼにはできなくてストウブにはできるものに燻製がある。

オフィシャルでも紹介されているようだけど
ソースは見つからず。

とりあえずやってみた。



万能なチップとしてはサクラとヒッコリーがあるようだ。
今回は桜をチョイス。

強い火で煙が出るまで熱する。

煙り出たら弱火にして具を入れて蓋を閉める。
甘い香りがいい感じ。


ちょっと色づいた。

ソーセージはもっとやってみる。


20分か30分。はい!もうできた!
ちくわとソーセージの燻製!

皮は水分がなくなってパリパリ。香ばしい!
これはうまい!

ストウブだと煙もそれほどでない。
キッチンがいい香りに包まれるくらい。

ベーコンも仕込み始めたがこちらも楽しみだ。


ちなみに燻製終わったストウブ、
重曹で煮てこすり洗いしたら
こびりついたものはすぐ落ちましたよ。






関連記事