Patagonia Fishing Vestの系譜

最初に買ったフィッシングベストはPatagoniaのReinVestだった。
ベストに関していえば、それからずっとパタゴニア一筋。
シムスのメッシュベストも気になってはいるが
買い替えるほどでもないような…。

まあそんなこんなで
思うところがあってまとめてみた。
やっぱり気になるパタゴニアのフィッシングベスト。
パックベスト、ミニマリストベストは除外してある。



初期ベスト時代


初期は青ポケットのメッシュベストが緑ポケットになって
Favorite Fly Taclke1 The Best VESTSより
Patagonia Shortie Fishing Vest


その後

下部のポケットが横のReinVest
縦ポケット(Vertical Pocket)のメッシュベストに別れていった。
えっとこれが1996年ころの話じゃなかったかな。
欠点としては首と肩にかなり負担のかかる作りであった。


Rein Vest



首にクッションがついたモデルがRiver Master Vestだったかな。


水平ポケットの系譜

River Master Vest
これも所有してたなあ。
フィッティング感はいまいちでもそれほど不満もなかった。

ReinVestの系譜。下部のポケットが水平タイプ。

このあとである。
いきなり革新的なモデルが出てきた。


patagonia guidewater vest 2009

色違いも。

特徴はジッパーだらけでやや重い。
大きく開くポケットは収納力抜群。これはいい!
伸縮性のあるファブリックでできた小ポケット。
ジッパーしなくてもものが落ちにくいんですね。

このフロントジッパーやポケットジッパーは
パタゴニアがロータスデザインを買収した結果によるものだったのだろうか。

ジッパーが多いせいなのか(工数が増えるため?)金額も2万円台後半だったかな。

いまでもこれを所有している。Sサイズでもフィットしないあたりが
使い勝手悪かった。(当方172センチやせ形)。


たしか翌年にはすぐにマイナーチェンジしてきた。

patagonia  guidewalter vest 2010

やはりポケットにはフラップを求める声が多かったのだろうか。
ポケットの配置はそのままキープしたようだ。

 
River Master II Vest

現行のベストはこれ。
2011年には再びクラシック路線に回帰した。ついでに価格も下がった。
ReinVestの直系である。
収納力落ちてるんじゃないか?


 
色違い。



垂直ポケット(メッシュベスト)の系譜


さらに…
メッシュベスト(そしてVertical Pocket)の系譜もたどってみよう。
Mesh Master Vest

手前が妻のベスト。首にクッションが。背面は私のPatagonia Mesh Master  II VEST。
ポケットのタグと上部ポケットわきに留め具がが大きな相違点かな。



Patagonia Riverwalker Vest 2009

このモデルはチェック漏れだった。やだこれかっこいい。
やはりフラップ無しで短寿命。
フロントはストラップ。

Mesh Vestっていったらウィメンズのこういうのもあったな。
これも短寿命だった。販売的にはあまりふるわなかったようだ。
収納力も低そうだもんな。


patagonia  Riverwalker vest 2010

ポケットの容量が減ってない?
それが進化といえるのだろうか?
フラップがついているがレイアウトは前モデルと同様。
開口部の広いメインポケットは使いやすそうだ。
フロントはジッパー。これよさげだね。

 
Patagonia Mesh Master  II VEST

現行のメッシュベストはやはり縦ポケット。
メインポケットの収納力には不満がある。
フライボックスをメインのポケットにもう少し収納したい。



ここのところのころころモデルチェンジするのはなんだろう。
ちょっとブレすぎてやしませんか。
もっとちゃんとフィールドテストやヒヤリングを重ねて進化させていってほしいのだが。

なんだかんだいって、ベストに関してはPatagoniaに期待してる。
自分が人柱になってもいいので
もっといろいろ攻めて来てほしいと個人的に思っている!


足りないところあれば補足いただけたら。

関連記事