【旅行】平成と江戸が同居してる大内宿行ってきた

仕事の研修的なものの一環で大内宿に行ってきました。
昔の風景そのまんま保存されている重要伝統的建造物群保存地区です。
金沢のひがし茶屋街、秋田の角館、佐渡の宿根木もそうですね。


大内宿は、福島県南会津郡下郷町大字大内にある旧宿場重要伝統的建造物群保存地区として選定されている。

記事の最後に釣りブログっぽい情報もあるよ!


特に蕎麦に関しては、高遠そばの名で知られており、の代わりにネギを用いて蕎麦を食べる風習がある。
wikiより引用


前も一度来たことあるんですけど、日暮れ前ですっかり店じまいしてしまったあとだったのでした。昼間は生き生きしてますね。
タイムスリップしたような風景が広がります。


紫外線、強め。

飲み物や野菜を道路脇の流れで冷やしてます。

持って帰るのが大変そう。唐辛子やホオズキで作ったすだれみたいなもの。

つきあたりの食堂で昼飯。


お店からの風景。

塩焼き用の養殖イワナ…

はい!冷たいねぎそばきたよ!ネギは箸の代わりであり薬味でもあります。
ちょっと皮が固いネギだな…^^;

囲炉裏で枯らされる塩焼きイワナ。


見晴台からのベストショット。送電線はトリミングすべきでしたね。

蕎麦味噌、ご飯の友です。ちょっとだけピリ辛なのもいい。

このお店で買いました。


なかなか見ごたえのある観光スポットでしたね。



さて釣りブログらしい情報を少し

大内宿もある南会津はなかなかいい渓流が揃ってます。
前は結構通った時期もあったんですが、このあたりのエリアがいい時って新潟の川もいいんですよね。車中泊で連日釣り(ついでの観光)だったらありですね。

会津大川をはじめその支流群、
  • 水無川
  • 加藤谷川
  • 戸石川
  • 鶴沼川
おっと、只見川上流部は全く行ったことなかったですね。

南会津西部漁協

あらためて会津って、南のほうだけでもいい川多くてなかなか回りきれませんね。



関連記事