【釣り】カディスフライ「マシュマロ&ディアヘア」巻いてみた

ようやく拝見しましたこの動画。

島崎憲司郎が解説するマシュマロフライの巻き方 How to tie Shimazaki's Marshmallow Body Flies




簡単に巻けそうであり、しかも効きそうです。

マシュマロ系はCDCとラビットファーをつけたカディスピューパしかなかったもので、
早速これ見て巻いてみましたよ。

マシュマロ&ディアヘアカディス 通称M&Dを。

シマザキマシュマロファイバーはまだ購入していないので、エアロドライウィングのダークダンを使います。


エアロドライウィングの処理




4本に分かれてるうちの2本をよくほぐして

ダンカンループを作ったティペット6X。このサイズだと本当は5X推奨でしょうかね。

適当に切り出したエアロドライウィングの真ん中あたりを絞り込みます。

ドライシェイクを指につけてよく擦り込むようにほぐしていきます。



下の二つはほぐしが足らんですね。もうちょっともみほぐします。



フックの選択


作例でのフックは新発売のTMC113BLHでしたかね。

ショートシャンクでワイドゲイプなものならなんでも良さそうですね。


ちなみにわたしはショートシャンクでワイドゲイプなフックが気に入ってよく使ってますね。うん。

今回はTMC106TCもいいんだけど〜

ひさしぶりにTMC921にしてみようかな。ブロンズよりマットブラックフィニッシュとかブラックニッケルの方がさらに好みなんですが〜。



取り付け


さっきのエアロドライウィング(マシュマロファイバー)の束をシャンク長に合わせてフォーセップで挟んで〜

カットしたところをライターであぶります。ヒートシールってやつです。
エアロドラウィング(またはマシュマロファイバー)の中空構造がこれで密封されました。


これも久しぶりのハンピーディア。別にエルクへでもいいんですよー。


はい!もうできた!M&Dが!

シンプル&エフェクティブ!
こういうファジーな印象派的なフライっていいですよね。
簡単に量産できるメリットも大きいです。

フロータントは、ヘア部分はパウダーが適してそうです。マシュマロ部分にはシマザキリーダーグリースと相性がいいということでした。

とりあえず三つ。

ちなみに6月7日の釣りでいきなり木に引っ掛けて一つロストしてしまいました。

【釣り】ミドリカワゲラの産卵行動に誘発されたライズに対峙した結果

過去のフライボックスからほじくったフライと新規で巻いたフライをまとめてパチリ。
カディスのハッチに当たるのが楽しみです。




そうそう、マシュマロのボディとフックの固定にはポリプロピレンもくっつけられるコニシボンド ウルトラ多用途S・U クリヤー 25ml を。動画の中でも出てきてます。


 

関連記事