【年末特集】実録:カラスと踊る男

ダンス・ウィズ・ウルブズって映画がありましたね。狼と踊る男。ケビンコスナーの映画でした。見てないけど。

これから語る話はカラスと踊る男の話です。実際のこの目で目撃したんです。


これが現場です。



カワイソーな男?


もう8〜9年前の話なんですが
近場に釣りに行こうと車を出して最初の信号待ち。
一人でいるのにニコニコしている男の姿が目に入ってきました。

これはちょっと心を病んでいるか、それともちょっと知的なんとかなんだろうか
などと思って見続けていました。なにせ信号待ちなんで。

ちなみに、25歳前後かなって感じの若者でした。メガネかけてましたね。


そしたら男の前に、そうちょうど写真のブロック塀のところです。道路と駐車場の間の。
ここに1羽のカラスが止まっていたんですね。男の目の前です。ちかいです。男とカラスの距離は1メートルくらいでしょうか。


男はニコニコしたまま腕を横に広げバタバタと羽ばたきのような動きを見せ、顎を天に突き上げながら鳴いているようでした。それはカラスに語りかけているような。

っていうかカラスと男は向かい合っていますから、語りかけているんですたぶん。
カラスもカラスで、男の動きに呼応して天に向かって鳴いているんですね。
男が踊るとカラスも踊る。人とカラスのコミュニケーション。


すごいものを見た!そして男、ごめん!ちょっとカワイソーな人なんじゃないかなんて思ったりして。っていうか、男さん、あんたすげーよ!


カラスには笑顔で接しよう


ここで信号が青になったのでこの場をあとにしたんですが、このあとこの男とカラスを見たことはありません。ただ、近所にすごい男がいるんだなってことは事実なんでしょうね。ものの数分の出来事でしたが、今でもはっきり覚えています。


あとから調べたら、カラスの行動観察の基本は笑顔で近づくことらしいですよ。
笑顔だとカラスの警戒心も緩むようです。

いろいろすげーな。また会いたいよ。カラスと踊る男さん。






関連記事