【釣り】FIXENDの佐藤成史氏プロデュースのSS MRT FF Vestを見てきた

長岡市のプロショップ「パーマーク」はウインターセール中。
そこで見かけた新商品。
FIXENDの佐藤成史氏プロデュースのSS MRT FF Vestをじっくり見てきました。


ほほー。

※お店の許可を取って撮影しています。

前々からパタゴニアやブラックダイヤモンド取り扱いのパーマーク。
フライフィッシング売り場は2Fです。

新潟では一番の品揃え。

佐藤成史氏好みなのでしょう、わりとクラシカルな佇まい。
3色展開です。




SSが佐藤成史氏プロデュースの証。

37,000円。なかなかな価格設定です。その訳をじっくり探っていきましょう。

ホワイトバランスが暴れてますが、
生地は撥水加工済みで、ポケットのフラップは全体を包む感じ。
これ系のポケットのついてるベストといえば、
ティムコでいうとストリームガイドベストII(22,000円)、
シムスでいうとマスターベスト(24,000円くらい?)ですか。

今ではわりと少数派ですが、ポケットからの落し物は減るのかな。

背面チェック


比較的クラシカル、っていうかよくありがちな姿だったフロントに比べると
なんと個性ある後ろ姿よ。
でものこのフラップについてるロゴはいらないかなあ。

まさか背面ポケットにもフラップが付いているなんて。

背面小ポケットいいですよね。ペットボトルや捕虫網なんかを入れておくのに。
シムスのメッシュベストにはこれがないんですよねー。

このメッシュ部分には釣り券などのライセンス入れたりするとか。ほほー!

背面大ポケットには下部のジッパーからもアクセスできます。

背面下部には裏面小ポケットも。

こういうフロータント入れみたいの。実際使い勝手いいんでしょうね。

内ポケットも隙がない感じ。
普通にポケット数多いですよね。

佐藤成史氏こだわりのカメラストラップのためのD環。

ポケットのフロントについてる小ポケットはティペットですね。
サイドもフロータント入れでしょうか。

ティペットを出す出口。

改めて価格を確認。

下部の水平ポケット内部は普通。

サイドにもD環。


シムスのマスターベスト

日本限定モデルのこれ。クラシックですね。

ついでにG3ガイドベスト


初めて見たときは背中に電撃が走りましたG3ガイドベスト。デビューは2009年。あれれもうそんな経ってましたか。

個人的に、ポケットを包むフラップは必要とは思わない派ですね。

内ポケットの作りが独特〜。

フロントはジッパー&マグネット。

フロータントホルダー。

いつか手に入れたいなー。でもメッシュベストにそれほど不便は感じてないのも事実。
それよりシーズン中にベストを入れ替えたりする方がストレスかも。

まてよ、それならこれを(買って)メインにして、真夏はスリングとかで済ますってのもいいですよね。

こっちは普通のガイドベスト

メッシュベストと似てますね。

他に気になった商品


Patagoniaのナノパフパンツ。
ゴアウェーダーの下ばきにどうぞ。


ケツはこんな感じ。厚みある感じ。

ついでに昼飯のラーメン


パーマークの帰りに食いたい真登(まさと)の薫る塩。繊細ながら芳醇。旨味が濃い!
スープの全てを飲み干しました。

おみやげ


フライの雑誌カレンダー2017の表紙はニジマスでした。





関連記事