【釣り】ストレッチボディヤーンで巻くシナモンアント。ついでにビーズヘッドも

前回の記事で効果的にCDCをストックする整理術を学んだわたしは
そのままストレッチボディヤーンで巻くシナモンアントのタイイングを実行したのであった。


前回までのあらすじ
そろそろタイイングしねーとなってとこで見つけたティムコの投稿Do画。これでタイイング気分もアゲアゲだZe!とばかりに見始めたその動画。すっかりCDCの整理術にはまってしまったでござる。
【釣り】ストレッチボディヤーンで巻くシナモンアント。ついでにビーズヘッドも



じゃあ巻いていきますね


作例ではTMC103BL #15でしたが、ちょうど切らしてたので#17で巻きます。
写真がちょっとアンダー目だと意味深な感じしますが、意味はありません。露出間違いです。

シマザキストレッチボディヤーンのシナモン。

ユニスレッドのラスティブラウンの8/0。

ほぼアカマダラ用のフライでしか使ってなかったかも。

動画通りに会い二つ分くらいに下巻き。

CDC、セットオン!
ヘッドを団子状に巻きます。

ちょっとヘッドがでかすぎましたかね。
巻き始めと巻き終わりをきつめに、真ん中は緩めに。

フックベンドの真ん中あたりまで下巻き&ボディヤーンでのボディ。
長めのCDCもオツな感じ。

くびれ部分にはハックルを1回転から1回転半。

こっちは巻き直した方。長めのCDCつけ忘れ。
このCDCは後ろにまとめてダウンウイングにしてもよし(動画参照)

シナモンアントの流下に当たったことはないんですが(あったけど見逃したてた可能性も)、梅雨以降の雨降った翌日はありの結婚飛行がよく見られますね。土が柔らかく案って新女王蟻が巣穴を掘りやすいんでしょうね。

来年の7月が楽しみです。


ついでにビーズヘッド

TMC3761の#12
このフック、買い杉謙信。

TMCブラスビーズでも使ってみるか。これはLサイズ。
ってこのサイズのビーズがほかにも…

さがすと
いっぱい
あるんだなあ 
byみつお
レッドワイヤを

巻きつけて、ってあれ?
わたしのビーズヘッド、でかすぎ?

アナグマヘア。
浮間舟渡のHIRANOTSURIGUで購入。


【釣り】ウサギ、タヌキ、アナグマのファーでビーズヘッド巻いてみた

ああすでに記事に書いてましたね。




たまに混じる、針のアルガードヘアがいい感じ。全体にゴワゴワ系です。




このバランスだと#10番フックがバランスよかったかなと

#10で巻いていきます。
アブドメンはそのままよりつけて巻きつけて

ソラックスはこうやってつける
マルチグルー。ボリューム出していきたいので。

ソラックスにモシャっと。

釣れそう。

上も下もないようなフライ。実際はキール状態で流れるんでしょう。


ダブルニンフのリードフライならこのビーズヘッドで決まり。
量産しましょう。



関連記事