【釣り】ソリッドティップなロッドってなんだfluxのカーボンロッド

最近は釣具屋に行ってもささっとリーダーだけ買って帰るとかでしたが、
先日ちょっと時間があったもので店内ブラブラしていたら

 
!?
何してんすか!曲げ杉謙信

フルックスが出したロッド


fluxさん。だいぶ攻めてますね。

Nippon Flyfishing TripなN1ロッド。


バット部の書き込み情報量多目。自信の表れか。


日本の渓流を攻略するためのジャパニーズスタンダード。
こんな製品全く知りませんでした。
どうやらフルックスが企画・ディレクション・販売で、ブランク製造はカンパネラなようです。


風が強くとも、木々が邪魔して思うように振れなくても
ソリッドテーパーにより軽快で直進性の高いラインを確実に投げられる!

確実に?

この曲がりスゲー!
鮎釣りの竿のフィードバックでしょうか。

中空ではなくソリッド。100%カーボンが詰まった無垢な状態。

一般にソリッドテーパーはパワーはあるけど硬くて扱いにくいと思われてきましたが、
このN1に採用していますソリッドティップはテーパーデザインを工夫。
しなやか&フレキシブルでありながら、力のある高性能ブランクに仕上がっています。





まじか。


そんな特性を利用すれば、2番ライン用の竿もいけちゃうとのこと。
新コンセプトの2番ロッド。


こっち2番用。

こっちは3番用。
ソリッドティップはこれからのカーボン竿にどう影響を与えるのか。それとも時代の徒花なのか、はやく誰かのレビューが見たいですね。


おまけ


ところで先日密かにまたまたポッキリいってしまった私のバンブーPモデル。

こっそり修理に出してましたが、本日戻ってまいりました!


どれくらいアクションに影響しているのか、早いとこ確かめなくちゃ。




 アマゾンのこれは1モデル古いタイプですかね。

関連記事