【グルメ】マクワウリ食ってみた

市場で売ってたマクワウリ、初めて買ってみました。
メロンみたいなものなのでしょうか。


種としてのメロン (Cucumis melo) は北アフリカや中近東地方の原産であり、紀元前2000年頃に栽培が始まった。そのうち、特に西方に伝わった品種群をメロンと呼び、東方に伝わった品種群を瓜(ウリ)と呼ぶ。マクワウリもその一つである。
マクワウリ-wiki


なるほど。種としてはまんまメロンだと。


2世紀頃から美濃国岐阜県南部)真桑村(のちの真正町、現:本巣市)が良品の産地であったことから、マクワウリの名前が付けられた。この系統のウリ日本列島に渡来したのは古く、縄文時代早期の遺跡唐古・鍵遺跡)から種子が発見されている。
古くから日本で食用にされ、古くは「うり」と言えばマクワウリを指すものだった[2]

へー!

近縁のマスクメロンが日本の市場に流通するのは1925年大正14年)以降の温室栽培に成功してからである[3]。しかし当初は一般家庭には手の届かない高級品であり、庶民はもっぱらマクワウリを食べていた[3]

まさにプアマンズメロン。
新潟でも栽培してたんですね。

皮むくと白いです。
僕らの知ってるメロンと比べるとずいぶん皮が薄いんですね。



皮むいた姿はまんまメロンですね。

さて実食


食感はまんまメロン。スムースな口当たり。
しかし、糖度低すぎ!
つまり、おいしくない!もうちょっと追熟が必要だったんでしょうか…。




関連記事