【ガーデニング】庭のスベリヒユを食ってみた。うまい。

もう勝手に生えてくるようになったスベリヒユ。
いつの間にか開花後種子をぽろぽろとこぼし始めてました。いいぞ。

いままでルッコラなどとそのまま生食してたのですが、おひたしもいけるっていうのでやってみることにしました。

スベリヒユとは

スベリヒユ(滑莧、学名Portulaca oleracea[2])は、スベリヒユ科スベリヒユ属多年生植物

同属にはマツバボタンなどが知られる。
世界熱帯から温帯にかけて幅広く分布し、日本全土で見られる[3]
乾燥耐性があり、路傍など日当たりの良い所に自然に生える[3]農業においては畑作害草として知られ、全般的に執拗な雑草として嫌われる傾向にあるが、地域によっては食料として畑作もされる。

スベリヒユ- wikiより

ほほう。

山形県では「ひょう」と呼び、茹でて芥子醤油で食べる一種の山菜として扱われており、干して保存食にもされた。また沖縄県では「ニンブトゥカー(念仏鉦)」と呼ばれ、葉物野菜の不足する夏季に重宝される。


ほうほう。

スベリヒユおよびその近縁の種は健康食品としても使われるω-3脂肪酸を多量に含む植物として知られている。

な、なんと!


たしかうちの庭には、サラダセットみたいな種子セットに入ってたんだと思うんですが、いまや勝手に自生してきます。ありがたや。


ちなみにオメガ3脂肪酸の効能は
  • コレステロール値下げる
  • 中性脂肪下げる
  • がん予防
  • 血流の改善
  • アレルギー予防
  • 記憶力アップ

効きまくってますね。


ルッコラと安納芋のはざまで。

収穫。だいぶ多肉な植物ですね。



1分くらい茹でました。さっとでもいいようですが。


スベリヒユのおひたし。
ポン酢をかけて。
茹でると若干のぬるみ。モロヘイヤとかツルムサキほどではないですが。

多肉ならではの食感がいいですね。
リンゴ酸由来の酸味もいいですし、オメガ3脂肪酸を多量に含むそうですね。

めちゃ健康食材じゃないですか。



今後も長く付き合っていこうぞ!






関連記事