【釣り】ホローボディツールで巻いたバッタフライ完結編?【タイイング】

今年は自分的に、改めてエクステンドボディ再評価の年でした。
ってことで先日のバッタフライの記事の続きです。


【釣り】シマザキホローボディツールでバッタを巻こう1【タイイング】



こんなの巻いてみたくって。

ボディはできたんで、あとはヘッドとソラックスですね。

梱包シートを重ねるのはどうでしょう。
なかなかいいアイデアではないでしょうか(自画自賛)。

フックはこのへんかなあ。TMC2302の#8。

こういう感じ?

後ろ脚、ハックルを結んで作るつもりが、これ難しすぎ!



だもんで、クイルの脚でどうでしょう。
後ろ足以外はハックルで表現。



…えっ?私のフライ、雑すぎ?

なんかちょっと違うような。


後ろ足はいい感じ。ハックルが貧弱な上に作り物っぽい感じがします。
あくまで人間の目からの感想ですが。

これラバーレッグとかだと良かったんでしょうか。
とも思ったんですけどもね、人間の目からはそれっぽく見えても
あんな前足・中脚のバッタいないと思うんですよね。
ここは水面との接し方で考えていくのがよいでしょう。

C&Fのフライの浮き方見える器(正式名称失念)で見てみましょう。




うーん…

ハックルじゃないのかもしれませんね…やっぱり。

あとバッタのヘッドはもっと四角く表現できればなあ。

改めてバッタの写真みてみたら、ヘッド・ソラックス・アブドメンの境目は不明確。っていうか繋がってるシルエット。そうだったのか!

ってことで、このシリーズ、続く…かも…!






関連記事