千曲川で釣りしてきた。

4時に起きて千曲川に行ってきた。
2月16日が解禁日だったのだ。

新潟フライフィッシング友の会副会長はすでに前日に現地入り。
くまなく見てみたあと車中泊という。
なんという気合いの入り用。

ユスリカフライのタマ数不足の俺とは違うな。さすが。



道中のはちひげおじさんの店で寄り道。

買ったばっかりのウィンストン Boron3xに
フライラインはシャークスキン。財布が軽くなった。大丈夫か。

10時前に着くとすでに副会長はスタンばっていた。
ライズは見当たらないが、昨日ここで40センチイワナのライズを取った人がいたという
ポイントをキープしていた。


写真はイメージです。
11時前ころからかそのポイントの下流でばかばかライズが始まった。
ライズの主はほとんどヤマメっぽい。
10個体はいるように見えた!

副会長がすんなりヤマメゲット。

写真はイメージです。

2時間くらい続いただろうか。なんどもフライに反応があり、すっぽ抜けもあり
しかし…


まとめ
・ボロン3xは3番にしてはパワーのある竿だ。
 あまりに簡単に飛びすぎるのでなれるまでコントロールが難しいだろうか。
・シャークスキンはしゃーしゃーうるさい。しかしするする出て行く。
 いいところも悪いところもありそうな気がした。慣れかな。
・ミッジングは不得意だ。
・俺、釣りが下手だ
・はちひげおじさんにかまっている暇などなかった。
・背後の葦にフライ引っ掛けてかなりロスした。とほほ。
・しびれるような寒さだった。14時すぎるともう寒い。
・やっぱり釣りはおもしろい。
・来週も行くか!

関連記事