豚肉の菜の花の朧鍋をつくってみた。

これも料理通信のスパイスの使い方料理で載ってた。
豆乳仕立ての汁に和がらし入れて豚肉と菜の花とおぼろ豆腐入れる、そんなです。

和がらしはアブラナ科の菜の花と相性が良く
適度な辛味で豚肉がさっぱりいただける、ってことだ。

ふたり分
豚ヒレ肉のスライス200~300g
菜の花 一把
おぼろ豆腐1丁
水 500ml
淡口醤油 60ml
和からし おおさじ4
豆乳 500ml
山椒(おこのみで)

1豚肉、菜の花は食べやすい大きさに切る。和からしは少量の湯で練っておく

2鍋に水、淡口醤油を加えて沸かし、煮切ったところで1の和がらしを溶き入れる。

3 豆乳を加える。沸騰させないように火加減に気をつけること

4 豚肉、菜の花、おぼろ豆腐をすくって加える。
お好みで山椒をかけても

ポイント
沸騰させないこと。豚肉は余熱で火を通すくらいの気持ちで。
おぼろ豆腐の代わりに絹ごし豆腐を崩して使っても良い。 







それじゃ作ってみよう。
豚ヒレ肉ってそういや見ないなー。豚バラスライスで代用。
菜の花はアスパラ菜。和がらしはチューブで。

からしって意外に溶けないなー。

醤油入れ手煮飛ばしたあと豆乳を投入。


溶けなかったカラシが浮いてきた。

具材を投入。

はい!もうできた!豚肉の菜の花の朧鍋!
なんというか、シンプルな味付けだけにしみじみうまい。
カラシの辛さもマイルド。


肉にくしい料理なら竹鶴だけど、割とさっぱりしているので
日置桜の強力八割搗きで。うまかったです!


※追記 110223
もうちょっと酸が立ってる酒の方が合うと思う。
たとえば 昨日合わせたのは

日置桜の鍛造生酛山田錦にごり。
豚バラで油が多かったからかな。

関連記事