【釣り】先日巻いたフライがよかった&でかいのバラした

先日巻いたフライが当たりました。

【釣り】ショートシャンクショートボディ 夏から秋にかけて効きそうなフライを巻いてみた

今日入った川は水が細く、ポイントも浅いんで魚もすぐ走ってしまうようなところ。
そんな厳しい状況の中、7寸ヤマメと9寸超(もしかしたら尺あったかも)ヤマメをかけました!

両方バレましたけどね。





そのあと合わせ切れも。これはイワナかヤマメか分かりませんでしたけど。リーダーとティペットの接続部でぷつっと。



お茶3種。目当ての川は先行車ありだったので別の川へ。

ヤマメ2匹バラしたあとのかわいいイワナ。

こういう葉っぱは

ティペットがすぐにちりちりに。シマケンコイルのようです。
今日は蜘蛛の巣にも悩まされました。


太いヤマメが忘れられません…


フライの修正


このうち2つロストしました。夏の釣りはしょうがないですね。

 改良点は

  • フックをTMC111から112Yへ。
  • アブドメンのピーコックは瞬間接着剤で補強(当然ですよね…)
  • ハックルは表麺を下に


ちょうどいいサイズ111の#12が切れてしまったので。
あとさすがに2バレだと111への信頼が揺らいできて…。


たまたまうちにあったのが耐衝撃エクストラでした。100均のでもいいと思います。

使い捨てコンタクトのケースに瞬間接着剤をためると使いやすいです。
ボドキンの先端は、瞬間接着剤が固まったあとでライターで炙ってティッシュで拭くといいでしょう。


サドル一本でこれだけ巻けました。ちょっとオーバーサイズのものはパラリと巻いて、ジャストサイズはそこそこ厚めに。





瞬間接着剤は白くなりにくいのがいいですね。前使ってたのは左の方だったかな…

マルチグルーは古くなって液が茶色っぽくなってきても特に問題ないかと…。

関連記事