【旅行】結婚記念日なのでジャンマルクさんの店 ラ バルク ドゥ ディオニゾスに行ってきた

今年の結婚記念日(4回目)のもう一つの目的はこちら。自然派ワイン醸造家、ジャン=マルク・ブリニョさんと聡美さん夫妻が営むレストラン。


お店の名前は「La Barque de Dionysos(ラ バルク ドゥ ディオニゾス)」
(バルクは帆船、ディオニゾスは酒の神バッカスのこと。)
営業日は木・金・土曜日でランチ・ディナーともにお食事は予約制となっています。




La Barque de Dionysos
TEL0259 67 7833。12時〜14時、19時〜22時。月曜〜水曜休。




さっそくジャンマルク氏の手がけた南フランス仕込みのワイン。Moonologue。葡萄の品種はシラー。

ピチピチとした微発泡が抜けてくるとキラキラとした果実感。スイスイと喉を滑ります。
自然派ワイン、もっとよく知りたい!



自然派ワイン(ヴァンナチュール)について


    自然派ワインとは、大地の恵みをそのまま詰め込んだワイン。 ワインの原料となるぶどうを育てる時に除草剤や化学肥料を使わず、その土地の環境(気候、風土)をそのままぶどうに与え、人工的な添加物を極力使用せずに、自然な環境で最後まで醸造を行います。 だから、自然派ワインはその産地やつくり手を表現していると言えるのです。
    自然派ワインとは|株式会社 小松屋

最近よく見聞きしている「自然派ワイン」もしくは「ヴァン・ナチュール」を端的に言いますと、「化学肥料や農薬の使用を廃した有機的農法で育てられたブドウを使用し、人工的添加物である酸化防止剤(SO2)の使用を極力抑えて造られたワイン」となります。自然派ワインをもっと知りたい方へ

ふむふむ。
自然派ワインにも色々あると思いますが、今まで飲んだ感想を言うと
すっと身体に馴染んでいく感じ、翌日お酒が残らない、 のは感じますね。



それでは食事の話に戻ります


スイスイと飲む妻。食べ過ぎ飲み過ぎで帰り道は大変なことに。


ジャンマルク氏の畑のカボチャスープ。

自家製のパン。

この胡桃とレーズンの入ったずっしりしたパンがとくによかった!

白菜と春菊、素揚げした南蛮エビのサラダ。ドレッシングには完熟おけさ柿をクラッシュして。春菊、来年庭で育ててみよう。


カンパチ、キノコ、チーズのリゾット。

デザートは黒糖のアイスにりんごのソテー添え。山葡萄のソース。

さらにグラスワインを。カベルネ・ソーヴィニヨンのロゼ。たぶんFreedom of Peach。
冷やして美味しかったです。ロゼってほとんど飲まないですが、さっぱりとした酸がいいですねー。

【旅行】結婚記念日なので佐渡で蕎麦 茂左衛門(MOZEM)行ってきた

蕎麦 茂左衛門(MOZEM)さんに置いてあった瓶がそれだったんですねー!


食事の後ジャンマルクさん、聡美さん夫妻とちょっとだけお酒の話。
食中酒、純米酒、生酛造り、竹鶴の石川当時の話、などなど興味深い話を聞かせていただきました。そうそう、ジャンマルクさんの育てるジャガイモは絶品だと茂左衛門がおっしゃってたっけ…!
ぶどう畑やワイナリーの話などはまったく聞けず…(苦笑


Monologueを一本購入。


ここもまた来たい店。4回目の結婚記念日も充実しました〜。
シーズン中、釣りを絡めてくるのもいいですね。

っていうか春にも夏にもわざわざ来たいですよ佐渡島〜!
Uターンと移住者がますます佐渡を面白くしています。



【関連記事】
【新潟】最初の結婚記念日はカシェット池上へ 2年前ですがいまごろ記事に【新潟】結婚記念日なので熟成肉を食べてきた NIQにて
【旅行】今年の結婚記念日は山形のイルコテキーノで肉&自然派ワイン楽しんだ
【旅行】山形旅行二日目は自然派ワイン見に源八、そのあと冷たい肉そばを

関連記事