【釣り】盆休み遠征、マシュマロホッパーで尺ヤマメ【釣行記】追記あり

盆休み2日目、8月12日。
副会長と遠征したところ、マシュマロホッパーの有効性を証明できたので
嬉しさが溢れ出ている記事となっています。

効いたんだぜ、コレ。



最初の川

3つの川をはしごすることになったこの日の釣行、最初の川は去年も今年も割といいヤマメ出した川。
去年は投げたライツロイヤル#8とか#10に反応あったんですよ。食わなかったけど。
ドラッグじゃないとしたらフライがあっていない。ってことは…。
ってことで巻いてたバッタフライだったわけです。

イヨシロオビアブもいないし水量も申し分なくこれは…!と釣り始めたんですが、魚の反応がさっぱり。

副会長が小さなイワナ釣ったところで退渓。
どうやら先日ひどい大雨が降ったということで、魚も流されてしまった様子。


2つ目の川

この辺は釣り場に事欠かないエリア。
移動してお世話になった方へ挨拶を済ませ入渓。

あとから分かったことですがエサ釣り師がずっと先行していました。
こちらもイヨシロオビアブはいない様子。
渋い。増水気味で出が悪い。

パラアントでこっぱヤマメをポンポン釣って行く副会長。
私はというと
ようやく1匹目。ボウズ回避。

きちんと撮影前に逃亡。

ライツロイヤルの12番だったかな。
増水してる時には半沈フライかちょっと大きめフライがいいと思って。

だいぶ浅くなってしまったようだ。
この川も大水が出た影響がそこかしこに。
底石は磨かれており白い川底がより明確に。

ここ!マシュマロホッパーで合わせ切れ!
ああ〜さっきティペット(6Xフロロ)を石に挟んじゃってたんだった。横着してそのまま釣ってたんだけど、水面が変化したとおもったら音もなくフッと切れました、

魚デカかったんだろうかな。
でかいわな。ホッパー食ってくるくらいなんだから。
ああ〜。

副会長はパックベストがお気に入り。

で、先行者に追いついたところで脱渓。
3つ目の川へ移動。もともとはしごする予定だったのでした。


3つ目の川で炸裂ホッパー

17時過ぎに到着。アブはちょっとだけいる。
入渓して最初のポイント(実績あり)でいきなりきました。
行く筋を集めて流れる好ポイントにマシュマロホッパーを投射。
ナチュラルドリフトさせるとすぐきた。
絵に描いたようなヘッドアンドテイル。

フライを押さえつけるように出てきた魚の、水面にニュルンとでてきた背中の曲線美。
見た瞬間尺ヤマメを確信。

当然叫びます。
「待ってたぜェ!!この瞬間(とき)をよぉ!!」

フライの針がかりはガッチリ。あとはティペットが切れないことを祈りながら
流れの底に沈み込み上流下流へ走る魚。
Epic ファストグラス376 3番7フィート6インチはちょうどいい。
うまくいなしてネット・イン。しようとして魚に走られてってのを
3回繰り返してようやく本当にネット・イン。

これ4番だったらあっけなく取り込めちゃえるだろうけど、
3番はやりとりがちょっとスリリング。
山岳渓流で下流に走られると結構焦るけど。

まあとにかく、でかいの釣れた!

本当にでかい

ずでん

見てくださいよ、マシュマロホッパーが喉奥にぶっ刺さってます証拠写真1

証拠写真2


ネットの内径から推測するに31センチはあるかな〜。




こうしてみるといかつい顔のヤマメだったんだな。

リリース前にもう一枚
むんずと掴んでしまい申し訳ない…

緩やかな流れの奥、流れが集まる筋から。


マシュマロホッパーTMC921の10番。シナモンのマシュマロファイバー。
これフォームのバッタの方がよりバッタっぽいでしょ!って声もあるかもしれないですが、フォームの硬さだと魚の口に弾かれる可能性あるわけです。
柔らかいマシュマロのエクステンドボディだから魚食べやすく、かつマシュマロが魚の歯に食い込む。
ロングシャンクの大きなフックだと針がかりしにくいし、かかっても合わせ切れがやや多くなる印象。
それに比べるとエクステンドボディはフックサイズを抑えめにできますよね。

いい魚釣った釣り人、いきなり饒舌に。

しっかしバッタフライ、8月後半からは効くと思ってましたけど、まさか盆前からとは。
でも考えてみれば、お盆だもの。もう8月半ばだもんね。

夏の終わり。秋の始まり。

関係ないですが、今日は私今年初めての(そしておそらく今年最後の)ウェットウェーディング。ちょっと肌寒い。

このモンベルのスネガード?はもう10年以上前に買ったもの。
現行品はもっと進化してるのかな。

副会長も同じものを装着してた。このようにずり下がってくるんですよね。
これちょっとわずらわしい。

岸に葦がよく繁る平地渓流。こういうところ、バッタが効くと思ってました。
葦の向こうは田んぼか。なおさらだ。


副会長もアントフライからマダムXにフライ交換。
さっき8寸くらいのヤマメバラした。

つーか、反応悪いなあ。
やっぱりここも大水でて流されちゃった系?

タイムアップ!
すまんね副会長。いいポイント譲ってもらって!ありがとう。

ウェットウェーディングスタイルをパチリ。
ああ、2番目位の渓流でクリップオンタイプの偏光グラス流しちゃったんだ。


やっぱりずり下がってくるんだよなー。

この秋の目標、マシュマロホッパーで結果出すをいきなり達成してしまいましたよ。
ホッパーフライの練度を上げていってさらに釣れるフライにしていきますかね。
バッタフライの細かいことはまた続き書く。


※180815追記
バッタフライがなぜキク科の総括的な記事書きました。

【釣り】マシュマロクリケットの新バージョン巻いた【タイイング】

あと今日バラシで終わった副会長がリベンジに行って、尺ヤマメ釣ったと連絡があった。
マシュマロじゃないけどバッタフライだって。やっぱ効くんだねー。


バッタのボディはシナモンがいいと思う。
次の記事でまた書きますが。今年はバッタ巻こうぜぇ〜!

0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事