フライボックス晒し うちの定番ピックアップ

前回前々回に引き続きフライボックス晒しです。
人気雑誌「フライの雑誌」の人気連載企画のパクリです。
ちょっと恥ずかしい…。

こないだの記事では巻いたけど使ってないフライ、
フライボックスの肥やしも多かったですけど
今回はよく使うフライを晒します。
ありんこのシーズンになるまでは登板回数の多いものばかり。

ほこりっぽい座布団の上で撮影。

なんてことない、アダムスパラシュート。
定番中の定番。#18くらいのがいい時もあれば
水の多めな山岳渓流で#10くらいのが効く時もあり。
ロストも多いフライ。今枯渇気味。やばい。

去年から頻度が高くなったフライ、ヘアウイングダン。
エルクヘアカディスより使ってるかも。
これは雪シロの水が引く前の水が多いときとメイフライのハッチの多いときと
時期がかぶっていることが多いから、かな。

ムートンを背中にくっつけたフローティングニンフ。
ついばむようなライズに使ってる。
水面にぶら下がる系のフライ、好きです。
そういえばパラシュートスタイルのフローティングニンフ使わないなあ。

クリップルダン。最近使ってないかなあ。

5月一杯くらいまでストーンフライがよくでている川が多いので
(こっちはそうだけどほかのエリアはどうなんだろう。メイフライよりストーンフライって時期
けっこう長めなんだけど。日中は特に目立つ。)
ストーンフライも充実してきた。

ミドリカワゲラ類用のフライ。
イエローサリーと左のスタックサリーの黄色。
とくにイエローサリーは大小用意している。
ストーンフライは6月頭までよく出て、よく食われてる(こっちのほうでは)。

バックファイヤーダンのバリエーション。
大好きです。困った時にすぐ出してしまう。
最近はヴェインファイバーでウイングを作ってる。
シマザキATウイングが大量に在庫…。

カディスフライ。スパークルピューパを入れ忘れた。



ここまで観ていただいてありがとうございます。
とっておきのフライを紹介します。

これイワイスーパーカディス。近くの釣具屋に岩井渓一郎さんがきて
タイイング教室やってたのをみたことがあって、そこで巻いてたフライ。
私は岩井信者ではまったくない。まったくないのだが
このフライが効くのは間違いないです!
真夏の昼下がり、プールでやけに反応よかったり。
初夏以降はこれがフライパッチから無くなることはないです。

シャックの真ん中まで下巻きして
CDCと鹿の毛、CDCと鹿の毛、CDCと鹿の毛と取り付けたら完成。
CDCは高いのを惜しげも無く使うのがコツなのだそう。

浮力があるので釣り上がりにも使える。
とりあえず#14と#16があればいい。

Xカディス。これ効きます!何もライズが無い時に
これで釣り上がっていると水中からガバッと来たりします。
エルクヘアカディスより反応いいんではなかろうか。
ってオススメがXカディスってのもなんか芸が無いかな…

そうそう、エルクヘアカディスってカディスのイミテーションとしては
かなりファジーだと思ってる。


おまけでCDCライツロイヤル。
巻くのが面倒なフライ。
これも好きなフライ。

特定の場所、状況下で人は何を使っているのかって
やっぱり気になる。
欲しい情報があればまずは発信することだと誰かが言った。
だからこんな記事書いた次第。


参考書も載っけておこう。


関連記事