パタゴニアのMesh Master II Vest長期レビューかな?

釣りの記事も久しぶりでしょうか。
読者の誰も気にしてないですかね。

Mesh Master II Vest
パタゴニアのメッシュマスターIIベスト。サイズはxsだったかな。
先代ベストがsサイズ。やや肩がずり落ち気味だったので。
私は172センチやややせ形で肩幅はやや広。参考になりますか。
ぴっちり目が疲れないと思います。




あれ、このベスト買ったって記事書いてなかったかな。
買ったのは昨シーズンの、えーと3月終わりころだったかなあ。
震災もあったから、ベスト新調したって記事を書けなかったんだったかなあ。

えっと同じパタゴニアの(現在絶版の)ガイドウォーターベストからの乗り換え。
革新的なデザインが好きだった。また出してくれないか。

すべての釣り人の欲求をみたすベストなんて無いのかもしれない。
しかしよりベターなベストを求めてしまう。
もっともベストを着ない選択肢もでてきている。

パタゴニアのカタログを眺めながらフライフィッシングへの憧れを強めていったという
甘酸っぱい過去があるからか、なんとなくベストのスタイルが気に入っている。

じゃあ細かいところを。
背面の小ポケットが復活。いつもペットボトル入れている。
ベストを脱がずとも取り出すことができる。

下部ポケットの一番大きいところにフライボックス二つ収納できる。
取り出しやすくはないかな。

その上のポケットもそこそこ入る。
まあ、このあたりはバーティカルポケットのベストでは平均的か。


内側下部ポケットは両方縫い目がついていて分割されている。
片方縫い目無くてもよかったのに。

内ポケット上部。まあふつうかな。


メッシュベストにしようと思ってシムスのベストと迷ったんだけど(シムスの方がお求めやすいし)
こちらにしたんだった。それほど強い意味は無い。
ずっとパタゴニアのベストだったってのはある。
あとポケットなど押し付けがましさも薄い感じがして
どう使ってもいいんですよ!っていってる気がしたし。

ほんとどうでもいい感想だけど。

ベストスタイルのよさは収納力。昼飯も飲み物も背中におさまってしまう。
でも背中側が重くなると写真にある上部小ポケットがうわずってしまい
使いいくくなるなと思っていた。


まてよ、ここにあれこれぶら下げてるのが使い勝手を悪くしてるのかな。

はずしてみた。

下部上ポケットにつけることにした。

ああ、そういえばついているよね。フライパッチをつけるベロクロが。
使い方を誤っていたのか。一年間も。


このあれこれぶら下げるゴムとDリングの位置が離れているのは
なんなんだろうな。
まあそういうものなんだなと思って使っていこう。



よく使うツール類が分散してちょっと使い勝手よくなったんじゃないかな。
フロントはホックよりジップアップがよかったのに。

早く釣りに行きたいよ。今週末はどうなんだ。
晴れるのかな。県内の川、ドライででるといいな。




関連記事