【カメラ】オリンパス 魚眼レンズ8mm F3.5 Fisheyeの作例こんなです

現在使っているデジカメはオリンパスのOM-D EM-1(マイクロフォーサーズ企画)。
たまにフォーサーズレンズの魚眼レンズ ZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheye をつけて遊んでいます。


フォーサーズレンズは通称「松竹梅」と呼ばれる3グレードあって、このZUIKO DIGITAL ED 8mm F3.5 Fisheyeは「竹」レンズ。


竹だけあって、F3.5ながらもちょっと大ぶりなレンズ。
かなり寄れて、しかもパンフォーカス。





オリンパスがマイクロフォーサーズ版も開発中とのニュースもちらほら出ていますが。いまは魚眼ボディキャップってレンズしかないですね。それか魚眼アダプタ。
あ、パナソニックから出てましたね。



寄れる特性をさらに活かすならテレコン付けて広角マクロレンズとしても面白そう。
ここ参照 ナショジオの海野さんの昆虫撮影テクニック

うちの出番の少ないフォーサーズ交換レンズ群。

OM-D EM-1に魚眼レンズを装着したところ。

よって撮影してみたところ。

逆光にも強いっぽい。コントラストの強くでた桜。

ビッグスワンを入れて撮影。こういう時は手前に桜の枝かなんかを入れると良いのでしょうね。


縦位置だとこんな感じ。水平線をファインダーの中心に持ってくると歪みが少なく見えます。

ボケを生かした。

ブドウに寄ってみた。



魚眼レンズ一本で釣りには行きませんし、交換用としてもちょっと重い。けれどもたまに使ってみたくなる、そういうレンズです、はい。
じゃあ俺なんで買ったんだろう。独身の購買力ってすごいねって話だ。



関連記事