【釣り】ティムコの2015カタログさっそくレビュー

1月24、25日の両日、代官山で行われましたティムコ主催のフライフィッシングファンミーティング。そのイベントレポートはもうちょっと待ってください。


さきにそのイベントのお土産でもらったカタログのレビューです。さてさて今年はどんな新商品があるんだぜ?

なん年ぶりだろう、ルアーのカタログと分離しました!こうでなくっちゃ!




 表紙レビュー

表紙の、これはシュレーゲルアオガエルですかね。

ハルゼミですかね。

いいヤマメ、でてますね。


ティムコからバンブーがロッドが


Jストリームバンブーが登場!お値段なんと200,000円。
作ってるのは IZACHの西村俊朗さんだ!

コーティング剤はオレンジワニス。

7フィート3インチの3番と7フィート6インチの4番。
もうちょっと繊細なところから来るのかなと思ってました。へー!


フライロッドの世界ではいまだに「竹」が素材に使われています。これだけケミカルな素材が進化しているにもかかわらず何故「竹」が使われているのでしょうか? それは単にフライロッドの素材として優れているからに違いありません。決して懐古主義な道具ではなく性能面でグラファイトやグラスを凌駕している面があるからなのです。

まずはキャスティングにおいてはパワフルなループ特性でラインスピードのコントロールも行いやすくポイントに合わせたラインスピードで釣り上がりができます。スタンダードフライのような抵抗の大きなフライにも向いています。また柔軟なブランク特性はファインティペット使用時にも合わせ切れしにくく追従性がいいためランディング性能面においても優れています。そして釣り自体が豊かになることも付け加えておくべきでしょう。グラファイトやグラスに比べると質のいいバンブーロッドは色々な面での守備範囲が広く感じられます。

そんなバンブーロッドをJ-ストリームシリーズから限定で発売する事になりました。製作者は日本にバンブーロッドの世界を広めた立役者の1人の西村氏です。西村氏はレナード、ペイン、ポールヤングなどを徹底的に分析し今まで数多くの名竿を世に送り出してきました。中でもコーティング材がウレタン全盛の昨今においても昔から使用されている「オレンジワニス」を使用し古きよきアメリカンバンブーの良さを自分の竿に反映しています。この「オレンジワニス」の特徴は性能面ではバンブーの粘りや張りとうまく同調しバンブー本来の持つ性能を引き出しています。また、経年変化においてもいい感じでやれていき使い込むほどに愛着が増していきます。これは現在のアンティークロッドを見れば一目瞭然でしょう。また、素材から吟味されて作られた吸い付くようなフェルールワークも特筆すべきものでしょう。

■J-STREAM BAMBOO 733-
日本の渓流で使いやすい7フィート3インチの3番です。切れの良いセミパラボリックアクションは癖もなく使い手を選びません。ロッドの強さ的なところは強くもなく弱くもなくスタンダードな3番ロッドの強さです。3ピースの特性で全体的に曲がりますがスウェルバットとバット側のフェルールによりバット部がしっかりしているので大型魚の引きも怖くありません。これはキャストフィールにも活かされています。グリップ上部の絶妙なスウェルバットはキャスト中のブレを軽減させバットから発したパワーが素直にティップまで伝達されループがきれいに伸びていきます。グリップは細めのシガーグリップでリールシートにはメイプルを使用しています。※ティムコ新製品資料より

■J-STREAM BAMBOO 764-
早春のハッチマッチから大きな渓流のブラインドフィッシングまでを意識して作りました。733と比較すると若干強めの設定ですが決してガチガチの強いロッドではありません。50cmクラスのトラウトまでが守備範囲でしょう。早春のハッチマッチではミッジクラスからヒゲナガまでフライのサイズを選ばずにお使いいただけます。ファインティペットでもバンブーの柔軟性でバラシにくく、ブラインドフィッシングでもしっかりしたアクションでキャストが安定し、魚との出会いが増えるでしょう。※ティムコ新製品資料より


ラインなど


スープラに変わってフリークエンシィでWFのみ。日本仕様でDTはいくつかのこってるけども。

マスタリーラインはテクスチュアドが全盛。飛ばし屋はこっちだ。

管釣り用の伸びるティペット「ストレッチ・ティペット」が新発売。あとナイロンシンキングティペットも。

シマザキフライは新製品なし!

渋谷フライに新顔が3つも。
全部パラシュート(パラシュートアント、ブナムシパラシュート、パラダン)。

これ去年から気になってあ。ファイバーチューブ。

ユニコードの12/0が新発売。モノスレッドのユニ版かな。

指先に潤いを。天然素材のビーズワックス。

ヘアライン社からスーパーファインダブ。新製品なの?


ドライシェイクスプレーの尺デザインは限定缶。中身は同じだ!

TMCフォーセップも新製品。日本人にあったサイズ感とのこと。
金色じゃないのもあるといいのに。

 サイトマスターの新製品は四角っぽい。8カーブ。


エアリスタから軽量シェル。薄くて軽量なのになかなかな耐久性。

J-Streamベストにはメッシュモデルがあったのを今年ようやく発見した。もっと別の色も出して欲しい気もする。おっとなかなかのお値段!

TMC113BLHは103BLの太軸ニンフバージョン。

グラスで6ピースモデル!


とまあ駆け足でさらってみました。今年のティムコのカタログ。
春先に店頭に出回るのが楽しみですねー。





関連記事