【釣り】コーカーズ デビルズキャニオン開封の儀【ウェーディングシューズ】

ウェーディングシューズが壊れたのであれこれ物色していたのですが

【釣り】ウェーディングシューズがいま熱い

新春セールで決めてきました。ビブラムソールではなくフェルトソールで。しかも交換式で。そうです、コーカーズです。



でかい箱です。


いざ、開封の儀。

包装紙を解くと

はい!デビルズキャニオン!間も無く値上がりするってこと(円安の影響)でこのタイミングでの購入となりました。27,500円。

アッパーの表面はゴム。というかラバーコーティング。ソールの横穴から排水するので水はけは良いそう。



デビルズキャニオンの特徴

  • しっかりと足を包み込むごついブーツ。ラバーコーティング。
  • BOAレーシングシステムはワイヤーで締め付ける。簡単に締めたり緩めたり可能
  • オムニトラックスソールシステムでソールの交換が容易。耐久性も心配ないそう。
  • ソールは固め。巨石帯での釣り上がりは得意でなさそう。



そんなに軽量でもなく、かといってすごく重いわけでもなく。
アキレス腱の部分はネオプレーン。

BOAレーシングシステム。クルクル回すと締まります。締め過ぎ注意とのこと。あとは砂噛み注意。

引っ張るとすぐに緩みます。これは脱ぎ履きがかんたん。一度買うと戻れないと聞きましたが、納得です。

これが替えのフェルトソール。
プラスチックの板にフェルトが付いていますので、固めのソール。

片方だけソール交換して見た図。


足の出し入れはしやすい作り。

全体的にゴツくてがっしりしています。これはシューズではなくブーツですね。このままスノーボードに乗れそう。

小さい石がゴロゴロした河原をてくてく歩くのはよさそうです。
しかしアップダウンの多い源流釣り、巨石帯、へつりの多い川には向いていないでしょう。何事も適材適所ですね。

クルクル回すだけでワイヤーが締まります。BOAシステムは思いの外らくちんです。
もっと早く出会いたかった。

頑丈そうなつくりのつま先。縫い目にアクアシールなどは…とりあえずしないで使ってみます。

どっしりがっしりしてます。

ソールは厚め。フェルトは薄め。

かかとで止めるバックル部分。

バックルを外してみたところ。結構きつめです。

ソールだけで153g

片足695g。
えーと、壊れたブーツ シムスのヘッドウォーターブーツはたしか500g弱だったかな。

かかとバックルは縫い付けて補強してあります。

グイッて親指に力を入れて曲げてみます。結構硬いです。

ビブラムソールと思いきやクリング−オン。



大事な大事な付属品


思わず捨ててしまいそうになりました。この付属品は一体?





BOAシステムをバラしたりメンテしたりするときの専用ドライバーでした。


シムスからコーカーズに乗り換えた理由


シムスからコーカーズにした理由は簡単にソール交換できるから、でした。替えソールも3000円ちょいと割と安価です。シムスのソール交換修理はちょっと高額なので。ソールが交換できるのならアッパーに投資してみようかなということでBOA搭載のデビルズキャニオンに決めました。

実は僕は足がでかく26.5~27センチあります。いままでは9インチのものを履いていたのですが、つま先が当たって痛い思いをしていたので、コーカーズは10インチにしました。


今回の購入にあたっては、そのサイズアップによる歩きにくさ?が個人的に一番気になっているところです。9.5インチがあればいいのに。

次回はソール交換をやってみます。





こうみるとマズメはよさそうです。新潟でも売ってる店あったのかな。

関連記事