【車】CX−3がやってきた(ただしカタログのみ)【MAZDA】

タイトルで述べた通りなんですが

 

きましたCX-3


のカタログが。
ZoomZoom

今のランクルの安全性能が低いので、新車を検討し始めました。
燃費は11kmとかあるんですがね。

アテンザベースのCX-5の弟分、デミオシャシー使ったCX−3。
魂動デザインというコンセプトのスタイリングかっこいいです。



3グレードのいずれもスカイアクティブでクリーンディーゼル。

ディーラー社員に話を聞きました


実質燃費は(使い方にももちろん左右されるが)目安としてカタログ値の7掛け。
2WDとAWDの売上比率は、新潟市だと8:2に迫る数字。

これはホンダヴェゼルの売れ方と似てます。
CX−5だともうちょい四駆率高くなるようです。


タイヤの大きなデミオという感じ。


SUVの割に、ずいぶん運転手のアイポイントは低めだそう。
たしかにケツはデミオと似てますね。

フィットベースのヴェゼルと比べると収納などは少なくなります。
ただその分このスタイリングをどう評価するかって感じでしょうか。

かっこいいよCX-3かっこいいよ
これ見た後だとCX-5がもっさりしてみえます。

このダークなネイビーかっこいいっって思ったら。この色は黒だそう。青空の写り込みなんですね。なんだ!まぎらわしい。




おとこくさいコックピット。



釣りの車として考えた時に、ほんとうにAWD(オールホイールドライブ 四駆のこと)は必要なんでしょうか。こんな新車で枝とか張り出してる林道に突っ込むのは嫌よ。


安全性能に関して言うと

衝突直前ブレーキ機能は全モデル搭載。


クルーズコントロールは真ん中グレードから上だけに。




車の脇から迫る車の接近を教えてくれる機能。


ヘッドランプの方向が進行方向を向く機能まであり。どこまで進化するんだよ。


最低地上高はちょい高めだが車高は高くないのだ。

マツダコネクト。ヨーロッパで受けそうなインターフェイス(勝手な見立て)。


新車購入の候補第一弾でした。

竿搭載するので車内空間の長さも気になります。
釣り好きはステーションワゴンに行きやすい。ただステーションワゴン市場はかなりの部分でミニバンに移り、今トレンドはアーバンなSUV。

ヴェゼルとXVも一緒に比較していかないとですね。

しかしこのCX-3、本当に車中泊できるんですかね。そんなブログも見かけたんですよね。

車中泊が出来る車を探す、関東マツダでCX-3を見学してみた。


ああ、これこれ!これ気になりますよねー






関連記事