【釣り】ドライシェイクホルダー強化策実施【小ネタ】

日曜の釣りで気づいたんですが、ドライシェイクとドライシェイクスプレーが無くなってるみたいで。

ドライシェイクスプレーはポケットに詰め込みすぎてフラップが半開きになって落下したに違いないの(あちゃ〜買ったばかりだったのに!)ですが
ドライシェイクの方はしっかりとホルダーにつけていたはずが




!?
落下。
ホルダーのゴムの締め付けが弱くなっていたようです。

土曜日の釣りの「待ってたぜェ!!この瞬間(とき)をよぉ!!」とか言って、取り込みから撮影の時に落下したんですね。ガクッ。


【釣り】徹夜釣行で初夏のマッチザハッチの釣り



このホルダーも、もう何年も使ってますしね。劣化もしますわ。
2年ぶり2回めですよ、無くしたの。



このとおり。あ〜あ。

タイイングツール箱をあさったら、タイイング用にキープしてたドライシェイクが見つかりました。リフィル足せばまだ使えそう。

ってことで、ホルダーを強化して落下しないようにメンテナンスしてみます。


これが誰でも簡単にできるホルダー強化策だ!




はい!輪ゴム!ぐるぐるぐる〜。


これでゼッテー落ちねー!

って2年前も同じことしてました。紫外線による輪ゴムの劣化は免れないので、定期的に輪ゴムチェックが必要なのでした。









現行モデルはマルチクリップになっていっそう使い勝手が増してますね。あとドライシェイクブラシも発売されてましたね。

関連記事