【釣り】あれこれ考えながらイワイスーパーカディスを巻く

このフライ、イワイスーパーカディス。

7〜8年前えしたか、岩井渓一郎さんが新潟のショップの招きで来県されて、その時に教わったフライの一つ。

雑誌などではみたことないけど、それでもけっこうメジャーなパターン?
岩井さん曰く
「釣り上りでもライズハントでも使えるフライ。14番と16番を持っておくと良い」とのことでした。

それから私も結構使ってますが、まさにその通り。魚の出もいいんですよ。
確実にカディス食ってるなって思ったなら、エルクヘアカディスとチェンジ。

わたしは特別岩井さんのファンってわけでもないんですけれども、このフライはうむむと思わず唸っちゃう。釣れ方、耐久性、巻きやすさなど。考えられてるなと。



前回の釣りで見えた改善点

日曜の釣り、フライへのでは決してよくはなかったんですが、
5匹釣って、たぶんドラッグがかかっての食い損ねが2回。
すごい。しかもゆっくりガボンって出かたをしてきたね。効いてるね。
 
前回はたしかTMC102Yだったか112Yだったか。
アイがちっちゃくてティペット通しにくかったのです。

それと、1匹釣ったあとCDCが水分含んだままなかなか取れなくて。

なんとかならないでしょうかね。

ってことで巻いてきました。

レッツ・エンジョイ・タイイング〜

フックをTMC103BLに変更。




下巻きはフックの真ん中まで。ダビングはしません。


エルクヘアは

ドライバーの柄のところでスタッカーを叩くと効率いいですよ。机の上でトントンするよりも。
CDCつけて

エルクヘアつけてまたCDCつけて。

CDC、エルクヘア、CDC、エルクヘア、CDC、エルクヘア、で完成。
3重のミルフィーユ構造。

そうだ、おもいだした岩井さんからのアドバイス。

「いいCDCをケチらずふんだんに使うのがコツ」
とのこと

こんな感じ。
はい!もうできた!イワイスーパーカディス!

島崎さんのテクニックで、CDCのストックは切手のストックブックで。
クズみたいなCDCでも一対あれば重宝するんですよ。

ティムコのYouTube動画で、島崎さんがストレッチボディヤーンでガガンボ巻く回で紹介されてた小技です!

たしかこれ


巻いたら

液体フロータントに

どぶ漬け。

昨日巻いたもの

今日巻いたものも追加。
1匹釣ってから復活しにくいのであれば、数でまかなえばいいじゃないって発想。
力技です。

一本巻くのに3回もスタッカー叩かないといけないのがちょっとアレですが、
とにかく釣れるんで紹介しましたよ。




関連記事