【釣り】謎ライズ、正体見たりオドリバエ

朝起きて、妻は釣りに行かないという。
え〜!
昨日中途半端に釣りした妻はパッとしなくて、今日は家事に専念するという。
あらら。せっかく遠征しようと思ってたのに。

単独釣行ってことで昨日行けなかった源流に行ってみようかな。


林道で何か黒い塊が動いています。

小さなネズミ。

ヒキガエルのおたまじゃくし

クロサンショウウオの幼生は見つけられず。
先行者がいないことを確認した源流の車止め。ただだいぶ出遅れたし、明日月曜日だし…
迷った結果、別の川に行くことにしました。

実は昨日のヒゲナガの経験がうまく自分の中で整理できてなくて、どうにも気分がアガらなくて。

山の方の本流を攻めるも


すんなり食ってきたヤマメ

ちいさいのう。

釣り場のスケールの割に、小さいのう。

イワイスーパーカディス。

写真正面、水の太いところから。

このあと8寸くらいのヤマメをバラし

もういっちょヤマメ

水が少ないんですよ。もうちょっと下流部の方がいいポイントあったかも。

ヘアウイングダン。
川変えようかな。

透明なボディに金色が美しいこの虫は甲虫の仲間。
てっきりカメムシとかツノゼミとかあっちの系統かと思ったら

ジンガサハムシですって。

ジンガサハムシのいたポイント、まだWRB(ワラビ)が採れました。
私はワラビが大好きです。

昨日の川を少しだけ


用事があるのでちょっとだけやって帰りますよ。
妻の誕生日ケーキを買って帰らないと。
4日も放置してしまってました。忘れてたんだ。妻、ごめん。

すぐヤマメ
イワイスーパーカディス。カディスが出てたんですね。

ちょっとのつもりがポンポンと

乾く暇もないくらい。なのでいちいちフライ交換。めんどくせーな。
運用上の問題あり。

迫力のあるツラしてますがそんな大きくないヤマメ。
そして河原などがないので写真撮りづらい。

昨日のポイントに到着

昨日ヒゲナガマシュマロが炸裂したポイント、ぺしぺしと筋に沿ってライズがあります。


カディスにきたイワナ。

上の個体の別カット。尾びれがでかい。よく引きました。

この筋なんです。
昨日のヒゲナガもこの筋なんです。今日も大きいのがライズしてましたね。

カディスでヤマメ

スティミュレイターでイワナ

そのイワナの別カット。

謎ライズと対峙

ここでフライへの反応が急に鈍くなりました。
筋に沿ってペシペシとライズはあるんですけど。
鋭くて、やや激しめのライズ。
そして、それほど大きくないものを食っているようです。
カディスピューパ食ってるのと一見似ていますが、少し違います。

何が違うって、カディスフライ流しても全く無視するのです(苦笑)。すぐわかる、これカディスじゃない。別の虫食ってる。
なんだかわからんけど。

じゃあ調べてみるか。

はい!流下ネット〜!(大山のぶ代の声で)
っていうか熱帯魚売り場に売ってるネットですよね。


あ、これです。ネットの色が白いので流下した虫を見つけやすいです。
小さいネットは時間がかかります。ネットが3倍大きかったら3ぶんの1の時間で済むのに。2〜3分くらい流下物をすくってました。

結果はこちら

すごく小さいけどこれって(中央下)、3ミリくらい?


 
写真じゃわかりにくいですけど(中央やや右下寄り)、腹部に白い帯みたいのがありますね。
盛り上がった背中といい、これってオドリバエ
知ってるのより小さいぞ。へ〜!

ってことでこないだ巻いたばかりのオドリバエフライさっそくプレゼンテーション。

「“待”ってたぜェ!!この“瞬間(とき)”をよぉ!!」
ってほどでもないんですけど
で、釣れたイワナ。

こんな感じ。大きいイワナは出たけど見切られました。もうワンサイズ小さくしないとダメですか。
しかし効くんですね。発見でした。

もういっちょ、ヤマメ。

おチビちゃん。

やっぱりオドリバエフライ。
ちなみにオドリバエの時に信頼してよく使っていたダスティバグはまるっきり無視されてしまいました。へ〜!そういうこともあるんだね。これは貴重な体験した!



【関連記事】ダスティバグのタイイング情報

スバル新型XV 今日の燃費情報


どうでもいいですが、信号の少ない区間を60キロほど走った平均燃費17.8km/l
うま〜く走ると18キロ超えるかもね。



ワラビは醤油漬けにしました。
妻に買ったケーキ写真撮り忘れた。

関連記事