サンマのナンプラー煮

今年はまだやっていないが、結構日持ちするので重宝するレシピ。
オリジナルはこの本に。ルクルーゼ料理だけど普通の鍋でもできるんかな。

一言で言うと頭と内臓を取ったサンマを煮汁が半分になるまでに煮るだけのレシピ。
簡単で日持ちしてご飯も進むのだから、去年はよく作った。

材料はこちら
さんま2尾
煮汁の材料
酒1/4カップ
水1/2カップ
酢おおさじ1
赤唐辛子を種とって1本
ショウガの薄切り2枚
ナンプラーおおさじ2
砂糖おおさじ1

頭を落としたサンマを4等分の輪切りにして
箸などで内臓をつついてとってから塩水でキレイに洗って水気をとっておく。

煮汁の材料とサンマを鍋に入れて中火にする。煮立ったらナンプラーと砂糖を追加。


クッキングペーパー(っていうんだっけ?)などで落としぶたをして
弱火で煮汁が半分の量になるまで煮る。


はい!完成!さんまのナンプラー煮!
ナンプラーの生臭さはショウガが消してくれて
いい感じの旨味と風味だけが残ってる感じ。

塩焼き、バルサミコ酢風味焼き、しめさんま、そんでこれ
とさんま料理のバリエーションができましたね。
安くておいしいさんまは沢山食べたいものだな。

関連記事