【釣り】トラウトフェスタ2014行ってきた

妻と副会長を誘って一路川越へ。
2014 Fly Fishing & Tenkara TROUT FESTA in Kawagoe

釣具のサンスイ主催のイベントへ行ってきましたよ。

寒気に見舞われた新潟は雪模様。慎重に出発です。




六日町辺りでホワイトアウト寸前

一転、川越は晴天。

右、妻。左、新潟フライフィッシング友の会副会長。

TROUT FESTA 2014

Date : 2014.12.07[Sun] a.m 9:00 - p.m 4:00
Place : Kawagoe Suijo Kouen

国内外有名ブランドがずらり勢揃いする国内最大級のフライ&テンカライベント。初心者から上級者まで一日楽しめる多彩な企画が魅力。デモをゆっくり楽しむのも良し、新製品をタップリ吟味するも良し、お子様や奥様とご一緒にスクールを楽しむも良し。更においし~い鉄鍋料理をご堪能するも良しと至れり尽くせりの内容です。



各社ブースが出ています。ちょっと出遅れて11時頃。

熱気あふれる…ってほどでもないですが、割と人が出てますね。

ティムコのブースへ

新製品の展示をチェック。



日本仕様はDTが残る。

 おお!これが噂の島崎マシュマロファイバー!


エアロドライウィングと具体的にどう違うのだろう。


ふむふむ。

蜜蝋のタイイングワックス、シマザキBEE's ワックス


キャスティング教室に空き枠あり

 自らのキャスティングスキルに不満のある妻。キャスティング教室に空き枠を見つけて飛び入り参加。偉い。
サムオントップは捻れやすい。Vグリップが基本。

理論を正しく学んだ妻からポイントを聞きました。なるほど。メル・クリーガーのビデオでダブルホールまで学んだ僕。たしかサムオントップでストップアンドゴー、ダウナップ!でもそれって人間工学的に不自然なキャストだったのですね。Vグリップ、練習します。


Patagoniaのブースは


テンカラロッドが。コンパクトだなー!

コーカースの新作は 

ガイド用のプロ仕様がっしりウェーディングブーツ。

※追記 141209
これは主にガイドのようなプロな人を対象にした製品で、がっしりした分だけ価格も高めとか。3万円くらい?


ソールはそのままだそう。

他にもいろいろ


テヅカさんのクラフト。

リトルプレゼンツの試作品?アウトレット?

渋谷氏のロングリーダーティペットのキャスティング理論



風の強いこの日でもスルスルと伸びるライン。渋谷氏のキャスティングすごい。

渋谷さんのキャスティングは、ロングリーダーティペットシステムを適切にプレゼンテーションすることに特化していて

フォワードキャストとバックキャストの形が違っているのが特徴的。
これが「回転系」キャストなのだと。

  • じゃんけんぽんの手首の動き。やわらからかにリストを使って。リラックスしたあの感じ。あのリズム。
  • ロッドを急ストップするとロッドがバウンドしてしまい、これもテイリングの原因に。
  • バックキャストから早い返しでフォワードへ移行。
  • 早いループと低いターンオーバー。

※追記 141209
渋谷さんのキャスティングってバックキャストとフォワードキャストの軌跡が結構違うんですよね。勝手に「バックキャストが雑だな」って思ってたんですが、間違ってました。すみません。ロングリーダーティペットを最適なプレゼンテーションするための理詰めのキャスト。ううむ。(追記終わり)


 これはちょっと練習しないとですね。


それほどロングリーダーティペットにしないですけども、ロッドに合わせた適切なキャスト&プレゼンという理論はなるほどという感じでした。


各社のブースよりも、キャスティング理論を学べたのがなによりも収穫だったかも。

このあと個性的なショップを2件回ってきましたが、続きはまたの記事で。

おみやげ

Patagoniaからおみやげ。

2014フライフィッシングカタログと

こっちは写真集。
時間があったらこちらのレポート書きますね。



関連記事