アウトドアショップでもらったアウトドア系フリーペーパーよくできてた

長岡のプロショップ「パーマーク」に行ったときもらってきたフリーペーパ−2誌。
「山歩(さんぽ)みち」と「Wanderer(ワンダラー)」

なかなか良くできているので紹介します。




こちらパーマーク。セール中でしたが買ったのはカマドウマフライの材料のみ…!


山歩みち 2015Summer 20号



とんがり山特集。なかなかない特集内容。

巻頭のコラム(上の写真のページの前)には山スカートの火付け役、四角友里さん。
このかたはティムコが出してるairistaのプロデューサーである四角さんの奥さんでしたっけ。

アーティストインキュベーター。登山と釣りを極め、原生林に囲まれた湖畔で生活する――若い頃から思い描いてきた「理想のライフスタイル」を実現。体中に自然や大地のエネルギーをしみこませてきた経験が“ハイブリッド・アウトドア”を標榜するブランドairistaへと結実した。

【TABI LABO限定】「軽さ」と「ハイファッション」を追求した最先端ウェア「airista」3名様にプレゼント!


とんがり山に話を戻すと、とんがってるだけにやっぱり急坂。危ないけれど魅惑的な…!と紹介されてます。

上越のマッターホルン!大源太山!

企画もデザインも良くできてるフリーペーパーですね。雑誌市場はかなり縮小してると思いますが、有能なデザイナーや編集者が商業誌からフリーペーパー市場に流入してきているんでしょうね。

写真もその使い方も良くできてますね。



さりげなく記事広告。



続いてWanderer


こっちはEXLIM FR10の販促プロモーションとして作られてるっぽいですね。



バッグの左にあるのは4ピースのフライロッドだ。そしてでかいランディングネット。

高山都さん。どっかで観たようなと思ったら、NHK BSのドラマ「植物男子ベランダー」で多肉植物を枯らしてばっかりの女性の役やってた方だ。

解放ギアのなかには

パタゴニアのウェーダー「メンズ・リオ・アズール・ウェーダー」とダイワのテンカラロッド「ダイワ(Daiwa) テンカラ RT 33 」。3.3mのテンカラ竿か。



アウトドアアクティビティーの多様化しているし、商業誌のアウトドア総合誌ってビーパルくらいになっちゃったし、なかなか新鮮かも。

グルメ記事もあって幅広いターゲットに訴求を。


というわけでアウトドアショップでもらえるフリーペーパーって、今時はかなりクォリティ高くなってるんですね。


お盆休みの暇つぶしにどうぞ!





関連記事