【釣り】2015シーズンを振り返る1 底石ぬるぬる川という大きな収穫

今年の釣りシーズン、最もインパクトがあったのがこの底石ぬるぬる川でした。
魚影は濃いとは言えないんですが、出る魚の型がいいので結構通ったんですよね。



【関連記事】これが今年の底石ぬるぬる川釣行のすべてだ!





【釣り】新たなカーティスクリーク発掘。良型連発だ!

【釣り】底石ぬるぬる川で妻が尺上イワナゲット。ヤマメも出たよ。追記あり

【釣り】底石ぬるぬる川を攻める三度目!ピーカンはつらいよ

【釣り】梅雨の終わりに。イワナにスパイダー、ヤマメにマシュマロ。

【釣り】晩夏の底石ぬるぬる川はスレがかり

【釣り】秋の底石ぬるぬる川でヤマメ尺がらみ、その後転倒水没

【釣り】ロッドが折れてからの底石ぬるぬる川、今日はイワナだ。

【釣り】底石ぬるぬる川2015ファイナル釣行 今日はイブニングヤマメ


結構行ってましたね。


底石ぬるぬる川とはどんな川なのか



もちろん「底石ぬるぬる川」は正式な名前ではありません。特に春先は岩がぬるぬる。何度も転倒しました。あばらも痛めました。


  • 漁協の人に数度会ったがオススメしないと言われた
  • 嘘ついてるのか正直な意見なのか不明
  • しかし、秋に行ったら川に降りる道、草刈りしてあった
  • 地元民に見つかってしまったのか
  • ヤマメ、イワナ、そしてなぜかニジマスも混じる
  • 水質はそれほどきれいではない(だから虫が多い?)
  • 夏を過ぎるとイワナの出が悪くなり、釣れる魚のメインはヤマメへと移行



底石ぬるぬる川発見の経緯


副会長(新潟フライフィッシング友の会の副会長)と一緒に釣りに行った時に、彼がいいのを合わせ切れしてしまったことがあったんですね。
あまりの悔しさに翌週リベンジに行ったところ目当ての川は増水。仕方なくぶらぶら胃していたらこの川でライズを見つけいいヤマメを連発。その日のうちに電話で経緯を教えてもらったのでした。持つべきものは釣友ですな。



底石ぬるぬるさらなる開拓



そのまた数日後、私が一人で行ってみたら…言われたポイントはさっぱりで。そこから釣りあがってみたら…



いきなり連発。3匹目は合わせ切れ。さらに進むと…




うう、すごい。
この日はGW直後。ちょうどオオクママダラカゲロウのハッチに当たったんですね。




今度は妻を伴って行ったところ…


間髪入れずに妻を伴って行ったところ

こんなイワナを妻が釣り上げたりして。サイズダウンしたアダムスパラだって。


シーズン通してどうなんだ、実釣調査敢行


雨の日も

晴れの日も。このあとすっ転んであばらを痛めたんでした。

釣れるヤマメ、イワナともに体高があるのがこの川の特徴。


なんか色白。

イブニングヤマメ1

イブニングヤマメ2

 
梅雨の終わりだったかな。パラシュートアントか何かで。
イブニングイワナ。


この日もすごかったんでした。マシュマロアントにヤマメ。

こっちはスレがかり。おなじくマシュマロアント。
いいヤマメでした。


秋になってまた妻と


きちんと撮影する前に逃亡したニジマス。
イワナバラシとすっぽ抜けの後。ほっとしました。ほっとして逃げられました。

竹竿を負った後なのでScott G Japan Special 8ft #4  で

上の竿は妻のG2 7.7ft  #3

夕方いいのが出ました。


マシュマロピューパも今年効いたフライ。


ところでグラファイトロッドとバンブーロッド


しかし同じ#4ロッドでもグラファイトロッドとバンブーロッドでは違いますね。

グラファイトロッドの方が魚かけたときの安心感があります。逆に言うとバンブーに比べて面白みが欠けるというか。

日本の渓流にベストマッチはグラファイトで#3、バンブーロッドで#4ではないかと思います。私もバンブーロッド歴は浅いですが、使ったことのない人はぜひ試してほしいですね。

よくカマキリと遭遇しました。この川界隈ではハリガネムシが多いのかな?


スズメバチを捕らえたメスのカマキリ。

これが今年のファイナル。




来年がどうなってるか未知数ですがまた探っていきたいですね。そしてさらなる新規開拓もしていかないとですねー。


2015年振り返る記事はこの後

  • 今年良かったフライ
  • 今年買って良かったもの(釣り篇)


と続きますので乞うご期待。


















関連記事