【釣り】フライマンのためのクルマ選びまとめ2016

ランクル70が重いです。家計的に。
昨日の記事でも書きましたけれども
・税金が上がった(古い車に厳しすぎるよ日本政府!)
・耐久品(タイヤとかバッテリー)も消耗品(オイル交換)も高くつく
・28万キロ超えて、たまに壊れる。修理代もそこそこ…
・いまどきABSもないとか

ただ
・燃費は軽油でリッター11kmとそれほど悪くない
・やっぱりいいよねボクシーなスタイリング

だったりしてなかなか新車購入の踏ん切りもつきません。
もうクルマ選びメンドクセー!
どれ買ったらいいんだよ。つまりはクルマ選びの基準の優先順位をどうつけたらいいのってことなんですけれども。





釣り車選びで重視する点

・燃費
・安全性能(ABSは当たり前。アイサイト的なやつ)
・維持費の安さ(税金とか耐久品の安さ含む)
・車中泊はできるのかしらん
・長い竿でも詰めるのかしらん
・遠出するのは快適かしらん
・スタイリング
・悪路走破性、最低地上高


どれも大事。そして釣り車なんで複数の優先順位が考えられますね。
独断と偏見であれこれ切っていきますね。お求め安いとこからね。


ハイト系軽自動車

どうせ買うなら燃費がいい方がいいです。
すごく軽自動車が欲しいわけではないんです。ただあと5年もすると妻の車も買い替えの時期が来そうなので、まずは軽自動車でつなぎ、妻の車買い替えの時にしっかりした釣り車を買うのはどうかなと。

つなぎって言ってもそれなりに釣り車のしても性能は備えてて欲しいなと。

N BOX+


・維持費の安さ
・車中泊快適
・スタイリング

・燃費がちょっとなあ…カタログ値で28kmくらいだといいんだけどな
・遠出はどうだろうかね
・軽自動車としては価格高めな部類

車中泊で釣りのフィールドが広がるんじゃないかなと。独身の時もたまにやってた夜駆けとかで。積極的に投資するポイントではないかもですが。


ハスラー、スペーシア、ワゴンR





・スタイリング
・エネチャージの燃費
・維持費の安さ
・納得の車両価格

・スタイリングがちょっとなあ…
・遠出はどうだろうかね



同じ軽でもジムニーは入れません。遠出が厳しいし燃費も良くない。
そこまでの悪路走破性を求めていないから。

ステーションワゴン系


スバル XV(ゆとりがあればレヴォーグ、レガシィ)




・長い竿でも大丈夫
・遠出も大丈夫
・悪路走破性も問題なし
・燃費は…ハイブリッドならまあまあいいか。
・安全性能もピカイチ。AWDならスバルだぜ。
・アイサイト、クルーズコントロールも魅力
・耐久品高くない


・スタイリングがちょっとなあ
・ハイブリッドだと価格もちょっと高いかな

もうちょっと燃費が良かったらすぐ決断できるのに。


カローラフィールダー

・長い竿でも大丈夫
・遠出も大丈夫
・燃費はよい…ハイブリッドならなおよし
・耐久品高くない

・スタイリングがちょっとなあ
・ハイブリッドだと価格もちょっとなあ
・スバル車に比べると安全性能でちょっと劣るかな
・トヨタ好きしか買わないような…


トヨタはもうちょっとスタイリング考えてくださいよ。


ステーションワゴンの市場は縮小傾向。ステーションワゴン市場はミニバンを経てSUVへと移っていったのでしょうかね。クロカン車やSUVみたいにタイヤが大きくないのはよいですよね。



ミニバン系


ステップワゴン、セレナ、ノアなど

・長い竿でも大丈夫
・遠出も大丈夫
・燃費はよいかな
・車中泊どんとこい

・スタイリングがちょっとなあ。うちは子供いない夫婦二人だけだからなあ。
自分の中で、車中泊はそれほど優先順位高くないんだな。できりゃあいいかなってくらい。それ優先で車を選ぶことはないね。




SUV・クロカン系

CX−3(CX-5)


・スタイリングがいい
・クリーンディーゼルでそこそこの燃費
・そこそこの安全性能
・車中泊できるかも

・上記、そこそこ評価が多いのがなあ
・スタイリッシュすぎて、いつもピカピカで乗っていたくなる気がする
・林道入って傷とかついたら悲しくなりそう。かっこよすぎなのも痛し痒し。
・それほど安い部類の車ではない。CX-5との価格差が小さいのもなあ。






ってことで考えれば考えるほど分からなくなってきました。
釣れんボーイでも読んで寝ます。

N BOX+、XVハイブリッド、CX−3あたりがもっと安いか、燃費良くなればすぐ決めちゃうのに。

※追記
いま「ハスラー 車中泊」で検索したら結構ヒットするんですが、ってさらに調べたら、軽ワゴンではN BOX+かウェイクがいいようだ。

ダイハツは、うーん、なしかな。積極的に選ぶ理由が見当たらない。


関連記事