【釣り】ようやくにしてシマザキ・フライウィングIV買いました

ようやくにしてシマザキ・フライウィングIV買いました。
歴代フライウィングを持て余してたのでとりあえず購入せずスルーしておったのですが


すみません、いろいろ間違ってました。

フライウィングIVはウィング材のみならず、ボディ材やマラブーテイルの基部をフックベンドに絡みにくくするとか、かなり汎用性の広い商品だったのです。

っていうかみんな知ってましたかね。

片面に、加熱すると溶ける糊がついているのは知ってたのですが、それほどまでに汎用性が広いだなんて。

細く切ってリボン状にすれば(縦横注意)エクステンドボディだって作れちゃう。



これですわ。びっくり。
すぐ巻かなければ!って買ってきたんですよ。
ところがこの動画に使われているダーティーイエローはどうも廃盤くさいとか。
しょうがないのでホワイト買ってフライトーンで着色しますけれども。まあそれで十分なんですけど。


うちのシマザキ・フライウィングたち

持て余してしまってます。
最近はエアロドライウィングだったりヴェインファイバー使うことが多くなってますかね


シマザキ・フライウィングAT



ATって何?アーマードトルーパー?(byボトムズ)
エアスルーの略ですね。

空気を通すふわふわした素材

ダーティーイエロー的な色もあり。



シマザキ・フライウィングII


リアルパターンです。プリントで虫の翅の模様を表現。

あまりエアスルーでなさそうな素材。

こっちはエアスルー+模様を表現


シマザキ・フライウィングIII


リアルウィングここに極まれり

フライトーンで着色すること前提

とにかく

模様の
バリエーションが
豊富なんですよ
どこまで
リアルなら魚を騙せるのか
そこにリアルが必要なのかと自問自答

もっと抽象表現できないか
そう
印象派の絵画のような。
具体性が強いパターンは逆にすれた魚に警戒させてしまうのではないか。

いいですか、有能な詐欺師ほど口数は少ないんですよ(by島崎憲司郎氏)

ってことで誕生したのかどうかはわかりませんが

フライウィングIV


はいフライウィングIV
フライウィングっていうから、もうウィング材間に合ってるしなーって人
私以外にもいそう。

タックルトーク


2004年のティムコのサイトをプリントアウトしたもの
タックルトーク。

ちょうどフライトーンとフライウィングIIIの説明がありました。




作例も。

こっちはフライウィングIIのマニュアル

この時はまだウィング材としてのマテリアルでした。


てなわけで週末フライウィングIVでエクステンドボディ巻かないと。





ホワイト・ミディアムグレー・ダークグレーしかないのかも。

0 件のコメント :

コメントを投稿

関連記事